サッカー欧州CL開幕 「スペイン天下」は続くのか 岡崎、香川、清武の活躍は… (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

サッカー欧州CL開幕 「スペイン天下」は続くのか 岡崎、香川、清武の活躍は…

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
昨季のチャンピオンズリーグ王者レアル・マドリー。(写真:Getty Images)

昨季のチャンピオンズリーグ王者レアル・マドリー。(写真:Getty Images)

 「スペイン勢のクラブにどう挑むのか?」

 現地時間13日に開幕する今シーズンのUEFAチャンピオンズリーグも、そこが焦点になるだろう。

 スペイン勢が欧州を席巻している。過去3シーズン、決勝に残った6チーム中、5チームがスペインのクラブだった。レアル・マドリーが優勝2回、バルセロナが優勝1回、アトレティコ・マドリーは2度の決勝進出を果たした。

 欧州王者として連覇に挑むマドリーは「PEGADA」に優れる。PEGADAとはスペイン語のKOパンチの意味から転じ、圧倒的な得点力を指す。ガレス・ベイル、カリム・ベンゼマ、 クリスティアーノ・ロナウドの3トップの頭文字を取って“BBC”と称され、相手をノックアウトする一発を持つ。ボールを運ぶことに苦しみ、受け身に回ることもしばしばだが、アンカーに入るカゼミーロが中央を重点的に封じ、打たれ強さも備わった。

 マドリーと対照的なのがバルサだろう。リオネル・メッシ、ルイス・スアレス、ネイマールという“MSN”が先頭を切り、ボールを持って攻め立てる能動的なプレーが特長。ボールを失っても、敵陣での出足鋭い守備で奪い返し、二次三次攻撃を仕掛け、敵を滅多打ちにする。相手は手も出せずマットに突っ伏す。セルジ・ブスケッツ、アンドレス・イニエスタを軸にしたボール回しは、一つのオートマチズムが貫徹されて止めようがない。

 ディエゴ・シメオネ監督率いるアトレティコも、今や巨人の風格がある。4-4-2でサイドを封鎖し、相手に付け入る隙を与えない。相手を消耗させつつ、とっておきのカウンターを繰り出す。前線のアントワーヌ・グリーズマンは「ロナウド・メッシ時代」を継ぐ“新しい王”と目される。得点を入れるポジションに入るタイミング、ボールを叩き込むスキルと胆力に優れる。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい