競泳・金藤理絵「圧巻」金メダル 挫折、コーチとの衝突…“反骨精神”でつかんだ栄冠

リオ五輪

2016/08/12 16:00

 金藤の金メダルから約1時間後、萩野公介が今大会2つ目の金メダルを目指し、10回目のスタート台に立っていた。

 萩野は、このレースを心待ちにしていた。世界のトップであり、萩野が尊敬するスイマーでもあるマイケル・フェルプスとライアン・ロクテ(ともにアメリカ)と戦えるチャンスは、この200m個人メドレーの決勝しかなかったからだ。

 スタートして飛び出したのは、フェルプス。萩野は少し遅れる形で100mをターン。150mは5位で折り返し、フェルプスからは身体1つ、ロクテからは身体半分ほどの差だった。ここから一気にラストスパートをかけた萩野は、ロクテをあっという間に飲み込んだが、フェルプスには及ばなかった。それでも、1分56秒61のタイムで銀メダルを獲得した。

「もっとよい勝負をしたかったんですけど、今は素直に疲れました」

 マルチスイマーを目指し、1試合で何レースこなしても、決して疲れたという言葉は口にしなかった男が、今回ばかりは精神的にも肉体的にも限界を迎えていた。それだけ五輪という舞台は、ほかの世界大会とは比べものにならないほどの重圧がかかっていたのである。しかし、それでも萩野はメダルをもぎ取った。進化は止まらない。ここを新たなスタートとして、萩野はまた強くなって、世界の舞台に戻ってくることだろう。(文・田坂友暁)

1 2

あわせて読みたい

  • メドレーリレー、“有終”のメダルならず ニッポン競泳陣、東京五輪への課題と収穫

    メドレーリレー、“有終”のメダルならず ニッポン競泳陣、東京五輪への課題と収穫

    dot.

    8/14

    萩野公介が現役引退へ、次の「競泳日本男子のエース」は誰になるのか

    萩野公介が現役引退へ、次の「競泳日本男子のエース」は誰になるのか

    dot.

    9/9

  • 【リオ五輪 11・12日の注目競技】 「歴史的快進撃」7人制ラグビー、メダルなるか 優勝候補の女子バド「タカマツ」ペアが登場

    【リオ五輪 11・12日の注目競技】 「歴史的快進撃」7人制ラグビー、メダルなるか 優勝候補の女子バド「タカマツ」ペアが登場

    dot.

    8/11

    競泳・星奈津美 病乗り越え、2大会連続の銅メダル 平井コーチの指導で「重圧」はね返す

    競泳・星奈津美 病乗り越え、2大会連続の銅メダル 平井コーチの指導で「重圧」はね返す

    dot.

    8/11

  • 競泳・坂井聖人、銀メダルを獲得した「脅威」のラストスパートはこうして生まれた

    競泳・坂井聖人、銀メダルを獲得した「脅威」のラストスパートはこうして生まれた

    dot.

    8/10

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す