20万円で落札も 「ポケモンGO 」、アカウント不正売買が横行…問題山積  (2/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

20万円で落札も 「ポケモンGO 」、アカウント不正売買が横行…問題山積 

dot.#ポケモンGO
東京・銀座4丁目交差点の「和光」のビル近くに現れたポケモン(本文とは関係ありません)(c)朝日新聞社

東京・銀座4丁目交差点の「和光」のビル近くに現れたポケモン(本文とは関係ありません)(c)朝日新聞社

「自宅周辺でポケモンをゲットした場面のスクリーンショットなどをSNS上にアップする人々がいますが、そういった情報が積み重なれば自宅の位置を見知らぬ第三者に知られてしまうことがある。また、女性が街なかでプレイしている最中に『お姉さんもポケモンやってるの?』『あっちにレアなポケモンいたから一緒に行こう』などと誘ってくる“ポケモンナンパ”に遭ったという報告が多数あります。いずれもストーカー被害や性被害が懸念されています」(ITジャーナリスト)

 位置情報を利用したスマホゲームは他にも「Ingress」などがあるが、ポケモンGOほど爆発的にユーザー数が増えたゲームは過去に例がない。セキュリティー意識の低いユーザーや防犯知識のない子供が大勢プレイしているため、トラブルに巻き込まれる危険性が否めないようだ。

 ポケモンGOは将来的にユーザー同士でポケモンを交換(トレード)する機能が実装されると予告されているが、これも新たなトラブルを生みそうだという。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい