サッカー界最古の国際大会コパ・アメリカ、“騙し合いと執着心”に注目! (1/3) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

サッカー界最古の国際大会コパ・アメリカ、“騙し合いと執着心”に注目!

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
2015年のコパ・アメリカ王者チリ(写真:Getty Images)

2015年のコパ・アメリカ王者チリ(写真:Getty Images)

 アメリカを舞台に6月4日から始まる南米選手権「コパ・アメリカ」は、サッカー界最古の国際大会。第1回大会が行なわれたのは1916年、つまり今大会で百周年を迎える。そのことを記念して、今大会は史上初めて南米以外での開催となった。

 コパ・アメリカは独特の魅力に満ちている。そのひとつがクオリティの高さだ。

 南米ではワールドカップ優勝を経験したブラジル、アルゼンチン、ウルグアイのビッグ3が伝統的に強く、それぞれ8回、14回、15回と過去44回中37回の優勝を占める。

 だが、ビッグ3だけが強いわけではない。

 チリで行なわれた前回大会では、開催国がアルゼンチンとの決勝を制して初優勝を飾った。

 またグループリーグでは、パラグアイがアルゼンチンと2対2の激闘を繰り広げた。ワールドカップ予選最下位の国が、本大会の準優勝国に肉薄する。それは南米のレベルの高さを如実に物語るゲームだった。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい