浅田真央、歴代最多優勝なるか? その前に立ちはだかる若手選手とは (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

浅田真央、歴代最多優勝なるか? その前に立ちはだかる若手選手とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
NHK杯で優勝した宮原知子(中央)、2位のコートニー・ヒックス(左)と3位の浅田真央 (c)朝日新聞社

NHK杯で優勝した宮原知子(中央)、2位のコートニー・ヒックス(左)と3位の浅田真央 (c)朝日新聞社

 グランプリ(GP)シリーズ日本大会(NHK杯)女子フリー、演技を終えた直後の浅田は、納得がいってないというか、少し悲しそうな表情を見せた。

 16歳で日本大会(NHK杯)初優勝したときと同じ長野の会場、25歳になった浅田は、大人の演技で観客を魅了した。が、浅田の代名詞といえるトリプルアクセルは不発に終わり、いまいち盛り上がりに欠ける演技であったことは否めない。

 試合後は「いい演技をして恩返しをしたかったが、それができなかったのが私自身すごく残念。GPファイナルに向けて、新たな気持ちでのぞみたい」と語った。

 浅田は、GPファイナルを4度制しており、今回優勝すれば、往年の名選手イリーナ・スルツカヤ(ロシア)を抜いて、歴代最多優勝となる。

 その浅田の前に立ちはだかるのは、やはりロシア勢。なかでも今年、シニアデビュー初戦のアメリカ大会でいきなり優勝したエフゲニア・メドベデワに注目したい。

 ショート(SP)では、ジャンプ3つをすべて後半にもってくる攻めの構成。また、16歳とは思えない優美な演技力で、206.01点の高得点をたたき出した。次戦のロシア大会では惜しくも2位となったとはいえ、得点は、前回大会よりもわずかに上回り、206.76点と自己ベストを更新している。

 浅田自身も15歳のとき、シニアデビューとなった2005年のGPファイナルで最強の女王スルツカヤを破って初優勝、世界中を驚かせた。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい