「納豆王国」茨城県 実は日本一じゃなかった?! (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「納豆王国」茨城県 実は日本一じゃなかった?!

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.#グルメ#旅行
茨城県の名産と聞かれれば、納豆と答える方が多いはず。今回のランキングでも1位になったのは、日本の食文化に欠かせない「水戸納豆」。素材そのものが美味しいと言う声を集めた(楽天株式会社提供)

茨城県の名産と聞かれれば、納豆と答える方が多いはず。今回のランキングでも1位になったのは、日本の食文化に欠かせない「水戸納豆」。素材そのものが美味しいと言う声を集めた(楽天株式会社提供)

茨城県発祥の「そぼろ納豆」が9位に。納豆と切り干し大根のコラボ!そのまま食べても美味しいがご飯にも合う一品(楽天株式会社提供)

茨城県発祥の「そぼろ納豆」が9位に。納豆と切り干し大根のコラボ!そのまま食べても美味しいがご飯にも合う一品(楽天株式会社提供)

 安くて手軽で健康にもいいとされていることもあり、特に朝食で食べるという人の多い「納豆」。最近では健康のみならず、ダイエットやアンチエンジング、花粉症や冷え性にまでいいという説もあり、注目の食材となっている。

 また、「ねば~る君」という納豆をモチーフにした茨城県“非公認”ゆるキャラまで登場し、元祖非公認ゆるキャラの「ふなっしー」に劣らぬ人気を博している。他にも、2015年1月にフランスで開催された食品見本市に出展され、賛否両論を巻き起こした「粘らない納豆」など、話題に事欠かない。

 さらに、昔から関西人は苦手な人が多いと言われてきた「納豆」だが、最近では「納豆好き」を公言する関西人も増えており、もはや“国民食”と言っても過言ではないだろう。

 納豆といえば茨城県、茨城県といえば納豆を思い浮かべる人も多いだろうが、実は、茨城県の水戸市は2006年に納豆消費量日本一を獲得して以来ずっと2位以下に甘んじていたことをご存じだろうか? 2013年の調査で、7年ぶりに納豆消費量日本一の座を奪還するも、昨年はまた2位に転落……。生産量日本一であることは変わらないが、消費量は福島市や盛岡市に負け続け、「実は納豆食べていないんじゃ」疑惑まで持ち上がる騒動となったことも。

 そんな茨城県を旅した人を対象に、楽天株式会社が、同社運営の「楽天トラベル」で行ったアンケートを元に、「茨城県を旅した人が選ぶ!茨城県・旅めしランキング」を発表。堂々の1位に選ばれたのは、やはり「納豆」だった。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい