“おせっかい”も悪くない (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

“おせっかい”も悪くない

このエントリーをはてなブックマークに追加
大谷由里子dot.#ごきげんに生きよう
マンガ/上大岡トメ

マンガ/上大岡トメ

 年齢を経てますます大切なのは、毎日を機嫌よく過ごす力「ごきげん力」ではないでしょうか。

 人生いいこともあれば、悪いこともある。馬が合う人もいれば、合わない人もいる。でも、どんなときでも「ごきげん力」さえあれば、大丈夫。

 元吉本興業の名物マネージャーで、現在、「笑い」や「元気」などをテーマに年間300回ものセミナー・講演を行う大谷由里子(51歳)さんがお送りする「ごきげんに生きるために大切な習慣」。

 大人気イラストレーターの上大岡トメさんのコラボ4コマも同時連載中です!

*  *  *
 わたしは、たぶんおせっかい。

 すぐにやらなくてもいいことに首を突っ込んでしまう。

 本人が望んでもいないのに、「この人を紹介してあげる」と、紹介したり、軽い気持ちで、「本を出したい」と、言われただけなのに、「こうすればいい」「ああすればいい」と、ついアドバイスをしてしまう。

 ところが、このおせっかいがうまく行くこともあるから問題。

 たとえば、『お金でなく、人のご縁ででっかく生きろ!』(サンマーク出版)が、ベストセラーになって、大活躍している中村文昭さん。

 彼は、30代のころ、よくわたしのところに遊びにきていた。

「本を出したいんです。どうすればいいんですか?」

 と、言った。

 おせっかいなわたしは、

「原稿を書いてきたら出版社を紹介するよ」

 と、答えた。

 彼は、嬉しそうに書いてきた。

 さらに、その原稿を渡した出版社の担当者が、彼を気に入って彼の本ができた。

 そして、ベストセラー。

「ほんま、大谷さんに感謝しています」

 そう言われたら、めちゃめちゃ嬉しい。

 だから、ついおせっかいしてしまう。

 といっても、いつもうまく行くとはかぎらない。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事

あわせて読みたい あわせて読みたい