重大な医療事故の起きた現場に欠けていたものとは

朝日新聞出版の本

2014/11/15 16:00

 私たちの安心な暮らしを守っている医療制度。医大もしくは医学部といった狭き門を突破し、厳しい研修と国家試験をクリアした、いわゆるエリートのみが携わることができる世界だ。日本国の医療に関する法律は非常に厳しく、医療行為を行う際の注意・義務事項は多岐にわたる。にもかかわらず、医療関係者の不注意、勘違いによる重大な事故は後を絶たない。

あわせて読みたい

  • 抗がん剤治療に職人的名医は不要?

    抗がん剤治療に職人的名医は不要?

    週刊朝日

    3/29

    2025年には200万人の看護師が必要? 看護系学部が増える3つの理由とは

    2025年には200万人の看護師が必要? 看護系学部が増える3つの理由とは

    dot.

    4/29

  • 大卒看護師が多いほど、患者死亡率が低い? 高学歴看護師が増えるわけ

    大卒看護師が多いほど、患者死亡率が低い? 高学歴看護師が増えるわけ

    dot.

    6/26

    深刻な看護師不足の現状 極端な「西高東低」で医療事故も…
    筆者の顔写真

    上昌広

    深刻な看護師不足の現状 極端な「西高東低」で医療事故も…

    dot.

    8/11

  • 「医療ミス」は患者にも原因アリ? 医師に不信感を抱く前に患者がすべきこととは

    「医療ミス」は患者にも原因アリ? 医師に不信感を抱く前に患者がすべきこととは

    BOOKSTAND

    3/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す