1泊分の電力を太陽光エネルギーでまかなう 宿泊型アートイベントが問いかけるものとは? (1/2) 〈dot.〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

1泊分の電力を太陽光エネルギーでまかなう 宿泊型アートイベントが問いかけるものとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
dot.
サンセルフホテルの客室。
Photo by Yuji Ito

サンセルフホテルの客室。 Photo by Yuji Ito

カーテンや備品など客室内部は全てホテルマンが考えしつらえた。手づくりのものも随所に。
Photo by Yuji Ito

カーテンや備品など客室内部は全てホテルマンが考えしつらえた。手づくりのものも随所に。 Photo by Yuji Ito

団地の見所を巡りながら、ワゴンに載せた太陽光発電キットで蓄電する団地ツアー。
Photo by Yuji Ito

団地の見所を巡りながら、ワゴンに載せた太陽光発電キットで蓄電する団地ツアー。 Photo by Yuji Ito

団地の夜空に浮かぶ「夜の太陽」。昼間蓄電された電気で夜の団地をやさしく照らす。

団地の夜空に浮かぶ「夜の太陽」。昼間蓄電された電気で夜の団地をやさしく照らす。

 東日本大震災以降、存在感を増している再生可能エネルギー(以下、再生エネ)。特に、日本全国で急速に導入が進んでいる太陽光発電は導入までのリードタイムが短く、また投資コストが低く抑えられるため、企業だけでなく個人や、さらに地方自治体、地域コミュニティでの取り組みも急速に広がっている。

 たとえば茨城県取手市で2013年4月以降、年2回ペースで行われている宿泊型アートイベント「サンセルフホテル」。取手市・同市民・東京藝術大学の3者が共同で行っている「取手アートプロジェクト」(以下、TAP)のイベントの一環で、日中に太陽光で発電した電気を蓄電し、それを使いながら一夜を過ごすことで、「太陽と人間の関係」や「エネルギー」、「コミュニティのありよう」などについてゲスト(参加者=宿泊者)に体感してもらうのがこのイベントの狙いとなっている。

 今回は、9月13~14日に2組のゲストを迎えて開催された「サンセルフホテル」に参加し、その取組みを取材した。

* * *

「サンセルフホテル」は、「ホテル」とはいうものの、いわゆる「普通のホテル」ではない。どんな「ホテル」かというと、取手市にある築45年、総戸数2,166戸の大規模団地「井野団地」の空き部屋がそれ。

 井野団地では、多くの郊外型団地と同様、住民の高齢化やコミュニティの弱体化が問題となっていた。そこにTAPが同地域の人々とアーティストとの接点をつくり、新たな芸術表現とコミュニティの形を探る目的で、2010年より「アートのある団地」プロジェクトが開始された。「サンセルフホテル」は同プロジェクトのひとつで、地域コミュニティの活性化と太陽光発電の理解を深める、という二つの目的を持っている。

 ホテルマンは団地の住民が務め、客室づくりからアメニティグッズ、食事、ルームサービスに至るまで全てホテルマンの手づくり。ホテルは通年オープンしているわけではなく、年に2回、“営業”されるのみ。これは、客室で使う電気が太陽光で蓄電する電気だけとなるため、冷暖房の必要がない春と秋の気候の良い時期に限られるためだ。

 記者が取材したサンセルフホテルで過ごす1泊2日のタイムラインは以下の通り。


トップにもどる dot.オリジナル記事一覧

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい