肩コリと猫背を同時に治す「神ストレッチ」 (1/2) 〈ダイヤモンド・オンライン〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

肩コリと猫背を同時に治す「神ストレッチ」

このエントリーをはてなブックマークに追加
【図1】

【図1】

【図2】

【図2】

【図3】

【図3】

なぁさん/Nストレッチ代表 ストレッチトレーナー

なぁさん/Nストレッチ代表 ストレッチトレーナー

 人間は座っている「だけ」で疲れる。

 肩コリ、腰痛、首コリ、猫背、むくみの原因は「座り仕事」だった!

「ただ座っているだけなのに、なぜ疲れてしまうのか」。

その答えはシンプルで明快。

「筋肉は動かさないと硬くなる。硬くなると、血流が悪くなり、コリが生まれる」。

 硬くなった筋肉を徹底的にほぐし、コリをとる。それにはストレッチしかない。

『座り仕事の疲れがぜんぶとれるコリほぐしストレッチ』の著者、ストレッチトレーナーのなぁさんに「座り仕事」のしつこい疲れのとり方を聞いた。

●「肩コリがずっと続く」と思ったら、このストレッチ

 肩コリの原因のひとつに「巻き肩」があります。これは肩関節が通常より前にずれてしまっている状態を指します。

 体勢は自然と前かがみになり、猫背は悪化し、「疲れやすい体」になってしまいます。

 巻き肩の大きな原因は、肩甲下筋(けんこうかきん)が硬くなることです。肩甲下筋は、腕を内側にひねる筋肉。【図1】のイラストを見てください。

 肩から腕にかけてついており、硬くなると肩を後ろに開く力が弱くなります。すると少しずつ肩が内側へと引っ張られるようになり、巻き肩になってしまうのです。

 巻き肩には「猫背を悪化させる」だけでなく、「背中に脂肪がつきやすくなる」「首が前に出て下がりやすくなる」「呼吸が浅くなる」など、さまざまな弊害があります。

 この機会に肩甲下筋をしっかり伸ばし、巻き肩を解消しましょう。ストレッチをご紹介します。

ステップ(1) 両手を上に伸ばし、交差させ、手のひらを合わせる(【図2】

ステップ(2) そのまま両手を上に向けて伸ばしながら、体を横に倒す(【図3】

 以上です。このストレッチのポイントは「腕に力を入れないこと」。腕に力を入れると、お腹の筋肉が伸びてしまいます。

関連記事:ガチガチの肩甲骨がほぐれる「神ストレッチ」


トップにもどる ダイヤモンド・オンライン記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい