東京に「営団」「都営」の2大地下鉄が共存する、意外な歴史

鉄道

2019/09/24 16:44

 地下鉄銀座線が現在の運行形態になって80年。日本初の地下鉄が東京に誕生したのは、第一次世界大戦や関東大震災が勃発した、まさに混乱相次ぐ時代であった。そして当時を振り返ると、東京になぜ「営団」と「都営」という2つの鉄道事業者が存在することになったのかが見えてくる。(鉄道ジャーナリスト 枝久保達也)

あわせて読みたい

  • 関西発から全国へ! 関西から始まった鉄道の設備やルールはこんなにあった

    関西発から全国へ! 関西から始まった鉄道の設備やルールはこんなにあった

    dot.

    10/6

    まるで”悲劇のヒロイン”な京成押上線 創業本家路線からローカル線に転落、そしていまや…

    まるで”悲劇のヒロイン”な京成押上線 創業本家路線からローカル線に転落、そしていまや…

    dot.

    3/28

  • メトロだけより割高 都営線が高い理由とは

    メトロだけより割高 都営線が高い理由とは

    AERA

    1/11

    今日は地下鉄記念日。いつも利用する地下鉄のこと、どれくらい知っていますか?

    今日は地下鉄記念日。いつも利用する地下鉄のこと、どれくらい知っていますか?

    tenki.jp

    12/30

  • 56年ぶりの大改装「銀座駅」 光をまとった歴史と文化を表すデザインは必見

    56年ぶりの大改装「銀座駅」 光をまとった歴史と文化を表すデザインは必見

    dot.

    11/13

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す