幸福実現党が出なければ自民党はさらに勝っていた「票の割れ」から見る参院選2016レビュー

2016参院選

2016/07/25 15:41

 自民党の圧勝だった先の参院選。『「決め方」の経済学』の著者、坂井豊貴教授によると、なんと「幸福実現党の出馬がなければ自民党の議席はさらに伸びていた」という。それは似た候補者同士で票を喰い合う「票の割れ」という制度上の欠陥に原因があると指摘する。詳細を聞いた。

あわせて読みたい

  • 多数決は多数意見さえ反映しない?いちばんみじかな「決め方」の致命的な欠陥

    多数決は多数意見さえ反映しない?いちばんみじかな「決め方」の致命的な欠陥

    ダイヤモンド・オンライン

    7/19

    分裂!脱原発派の憂鬱 「脱原発」争点に賛同は半数

    分裂!脱原発派の憂鬱 「脱原発」争点に賛同は半数

    AERA

    1/27

  • 田原総一朗氏がいう民主党政権でよかったこととは?
    筆者の顔写真

    田原総一朗

    田原総一朗氏がいう民主党政権でよかったこととは?

    週刊朝日

    12/19

    自民64議席減の予測 石原伸晃 下村博文、萩生田光一も当落線上か

    自民64議席減の予測 石原伸晃 下村博文、萩生田光一も当落線上か

    週刊朝日

    9/29

  • 池上彰×山口二郎 衆院選で野党が政権交代するには「二者択一の構図」が重要

    池上彰×山口二郎 衆院選で野党が政権交代するには「二者択一の構図」が重要

    AERA

    10/14

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す