コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

西澤寿樹

西澤寿樹

西澤寿樹

西澤寿樹(にしざわ・としき)/1964年、長野県生まれ。臨床心理士、カウンセラー。女性と夫婦のためのカウンセリングルーム「@はあと・くりにっく」(東京・渋谷)で多くのカップルから相談を受ける。経営者、医療関係者、アーティスト等のクライアントを多く抱える。 慶應義塾大学経営管理研究科修士課程修了、青山学院大学大学院文学研究科心理学専攻博士後期課程単位取得退学。戦略コンサルティング会社、証券会社勤務を経て現職

  • NEW

    「両親が妻をいまだに気にくわない」親が一番な夫が涙したどりついた対処法とは?

    男と女の処世術 dot.

     カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦間で起きがちな問題を紐解く連載「男と女の処世術」。今回のテーマは「夫婦のやりとりには“体験”が必要」。なんでもかんでもリモートになって、夫婦関係で見落としていることはありませんか? *  *  * 新年度に入り、なんでもかんでもリモー...

  • 「気持ちの区切りは必要?」 つらい過去を思い出す人にカウンセラーはどう答える?

    男と女の処世術 dot.

    カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦間で起きがちな問題を紐解く連載「男と女の処世術」。今回のテーマは「気持ちの区切り」。つらい過去の経験を思い出して、「区切りをつけないといけないのか」「区切りをつけられない私はダメなのか」などと思ったことのある人も多いことでしょう。そんな思いに対して、プロのカウ...

  • カウンセラーが語る「一度壊れたカップルの関係修復に必要なこと」

    男と女の処世術 dot.

    カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦間で起きがちな問題を紐解く連載「男と女の処世術」。今回のテーマは「一度壊れた関係の修復」について。自分に非があると思うと過去を反省し、「今後は○○します」と未来を誓う――というのがよくありがちですが、実はこのパターンがよろしくないと言うのです。いったい、どうい...

  • コロナ禍が加速させる「夫婦関係のモノ化」 もっとお互いの情緒的交流を

    男と女の処世術 dot.

     カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦間で起きがちな問題を紐解く連載「男と女の処世術」。今回のテーマは「モノ化する夫婦関係」。自分に限ってそんなことはない――そう思いたいところですが、実は社会構造の変化でこの傾向が加速しているというのです。いったい、どういうことなのでしょうか。*  *  * 2...

  • 夫婦のトラブル修復のヒント 「痛みを感じる」と「痛みに向き合う」はまったく違う!

    男と女の処世術 dot.

    カップルカウンセラーの西澤寿樹さんが夫婦間で起きがちな問題を紐解く連載「男と女の処世術」。今回のテーマは「痛みと向き合うこと」。夫婦間でトラブルを抱えた方はもちろん、これから抱えそうな方も必読の内容です。*  *  *また漫画の引用になりますが、『最後の秘境 東京藝大 天才たちのカオスな日常』という...

おすすめの記事おすすめの記事