コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

帯津良一

帯津良一

帯津良一

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など著書多数。本誌連載をまとめた「ボケないヒント」(祥伝社黄金文庫)が発売中

  • NEW

    脳梗塞で免疫学者が「生命の回復」を実感 帯津医師が解説

    ナイス・エイジングのすすめ 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「新しい生命の発見」。*  *  *【多田富雄】ポイント(1)脳梗塞で半身不随に...

  • 「人生は後半に味わい深くなる」 医師がすすめる「漢詩」の世界

    ナイス・エイジングのすすめ 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「漢詩に親しむ」。*  *  *【李白】ポイント(1)李白の詩の1行に魅かれ、漢...

  • 正岡子規の強靭さに感服 帯津医師が思い浮かべる「元気が出る言葉」

    ナイス・エイジングのすすめ 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「元気が出る言葉」。*  *  *【正岡子規】ポイント(1)気分が萎(な)えたら...

  • 医師が読み解く「芸術は爆発だ!」 岡本太郎は養生に通じる?

    ナイス・エイジングのすすめ 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「岡本太郎さんについて」。*  *  *【爆発!】ポイント(1)岡本太郎といえば...

  • 「老い=孤独が深まる」は間違い 帯津医師が説く仲間の量と質の関係

    ナイス・エイジングのすすめ 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「老いと孤独について」。*  *  *【鰥寡孤独(かんかこどく)】ポイント(1)...

おすすめの記事おすすめの記事