コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ コラムニスト 帯津良一 「健脳」養生法――死ぬまでボケない

帯津良一

このエントリーをはてなブックマークに追加
帯津良一

帯津良一

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

  • NEW

    老眼回復に即効性あり? 帯津医師がすすめる「四四運目法」とは

    「健脳」養生法――死ぬまでボケない 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のタイトルは「目の老化について」。*  *  *【ポイント】(1)目の老化は認知機能に影響を与える(2)目に直接、働き...

  • 「一病息災の“一病”を気にするようではだめ」帯津医師の健康法とは?

    「健脳」養生法――死ぬまでボケない 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のテーマは「一病息災」。*  *  *【ポイント】(1)80歳を過ぎても気になるところなし(2)症状が出なければ、気に...

  • 腸と脳は密接に関係 「腸内環境」改善が認知症予防につながる可能性

    「健脳」養生法――死ぬまでボケない 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のタイトルは「腸内環境を整える」。*  *  *【ポイント】(1)認知症と腸内細菌の関連性が注目されている(2)腸と脳...

  • 死ぬまでボケないために“素直な老化”が大事 「脱力」のすすめ

    「健脳」養生法――死ぬまでボケない 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のテーマは「身心の放松(ほうしょう)」。*  *  *【ポイント】(1)年をとると自然に脱力になじんでくる(2)脱力は...

  • アンチではなく「ナイス・エイジング」 医師・帯津先生のAGE対策

    「健脳」養生法――死ぬまでボケない 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のタイトルは「ナイス・エイジングのすすめ」。*  *  *【ポイント】(1)アンチ・エイジングでなくナイス・エイジング...