山田洋文

山田洋文(やまだ・ひろふみ)/1975年生まれ、京都府出身。教育家。神戸大学経済学部卒。独立系SIerのシステムエンジニアを経て、オルタナティブスクール教員に。2016年4月、京都市内でプロジェクト学習に特化した探究塾の探究堂(http://tanqdo.jp/)を開校。探究堂代表、認定NPO法人東京コミュニティスクール理事。

  • 3世代の遊び「違いと共通点」とは? 現代っ子が得たものと失ったもの

    3世代の遊び「違いと共通点」とは? 現代っ子が得たものと失ったもの

     約2カ月に渡り「子どもの遊びの歴史」を探究してきた中学年クラス(小学3・4年生)のプロジェクト。 上中下と3分割された模造紙には、自分たち・両親・祖父母の3世代それぞれが小学生の頃にどんな遊びをして

    AERA

    7/26

  • 「気持ち悪い」が一転大人気! シマイシビルの謎に年長さんたちが迫る

    「気持ち悪い」が一転大人気! シマイシビルの謎に年長さんたちが迫る

     探究堂の年長児クラス(ぷれりかクラス)が取り組む『川の生き物』プロジェクトもいよいよ最終日を迎えます。 この日はまず、『川の生き物』に対する理解をさらに深めるため、NHK for SchoolのWe

    AERA

    7/19

  • 「おしゃべり」だけど「口が堅い」!? 小2のT君が発見した自分の姿

    「おしゃべり」だけど「口が堅い」!? 小2のT君が発見した自分の姿

     興味深そうな表情で卓上ミラーとにらめっこする子どもたち。低学年クラス(小学1・2年生)のメンバーはそこに映る自分の顔を見ながらデッサンを描き進めています。 今回彼らが取り組むプロジェクトのミッション

    AERA

    7/12

  • 釘打ちって何? 桑の実ってどんな味? 祖父母の子ども時代に興味津々

    釘打ちって何? 桑の実ってどんな味? 祖父母の子ども時代に興味津々

     机の上にバサッと広げられた手紙の数々。両親や祖父母から子どもたちへの手紙には、自分が小学生時代にどんな遊びをしていたかがつづられていました。 中学年クラス(小学3・4年生)のメンバーは蛍光マーカー片

    AERA

    7/5

  • 青が光ればやる気全開! S君が見つけた「頭の中の信号機」

    青が光ればやる気全開! S君が見つけた「頭の中の信号機」

    「『自分』がテーマってどういうこと?」 新たに始まるプロジェクトの概要を伝えると、たくらみ低学年クラス(小学1・2年生)の生徒たちは素朴な疑問を口にしました。 プロジェクトのミッションは「『自分』につ

    AERA

    6/28

  • 体長50センチ超の「超大物」と鴨川で格闘! 子どもたちの心を揺さぶる大発見

    体長50センチ超の「超大物」と鴨川で格闘! 子どもたちの心を揺さぶる大発見

    「『川の生き物』という言葉を聞いたら、どんなことを頭に思い浮かべるかな?」 新プロジェクトを心待ちにしていた「ぷれりか」(幼児クラス)の生徒に問いかけます。「小さい魚かなあ。例えばメダカとか」「あと、

    AERA

    6/21

  • 金魚すくいの「ポイ」はなぜすぐ破れるのか? 小4が執念で重ねた4カ月間の大実験

    金魚すくいの「ポイ」はなぜすぐ破れるのか? 小4が執念で重ねた4カ月間の大実験

     探究堂には自分が興味・関心のあることをテーマに設定し、個人プロジェクトとしてそのテーマをとことん追究する授業が存在します。「マイプロジェクト」を略して「まいぷろ」と名付けたこのクラスは昨年秋に実験的

    AERA

    6/14

  • 「昼間に魚が釣れにくいのはなぜ?」 小さな研究者が編み出した実験方法とは

    「昼間に魚が釣れにくいのはなぜ?」 小さな研究者が編み出した実験方法とは

     探究堂では、クラスの仲間たちと試行錯誤して取り組む「プロジェクト学習」がカリキュラムの中心です。自分一人では思いつかない発想が生み出される瞬間を体感してもらいたいと考えているからです。 一方で、探究

    AERA

    6/7

  • 駄菓子屋出店で子どもたちがつかんだ「商売の極意」 笑顔・品ぞろえ・そして……? 

    駄菓子屋出店で子どもたちがつかんだ「商売の極意」 笑顔・品ぞろえ・そして……? 

     ゴールデンウィークの2日間の駄菓子屋出店はなかなかの盛り上がりを見せました。中学年クラス(小学3・4年生)が春先から取り組んできた「商いプロジェクト」も終盤を迎えます。 小さな商人たちを待ち構える最

    AERA

    5/31

  • 安すぎるコロッケ、宙に浮かぶ巨大魚…… 京都・出町商店街のナゾを子どもたちが探究

    安すぎるコロッケ、宙に浮かぶ巨大魚…… 京都・出町商店街のナゾを子どもたちが探究

     昭和の雰囲気を残した昔ながらの地域の台所である「出町商店街」。教室からほど近くにあるこの商店街が、今期低学年クラス(小学1・2年生)が取り組む探検プロジェクトの舞台です。「『商店街』という言葉を聞い

    AERA

    5/22

1 2 3 4 5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す