(4ページ目)帯津良一〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

帯津良一

このエントリーをはてなブックマークに追加
帯津良一

帯津良一

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

  • 免疫細胞が脳の維持や修復に 認知症における「最新免疫療法」とは

    「健脳」養生法――死ぬまでボケない 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のテーマは「認知症と免疫」。*  *  *【ポイント】(1)一般には自己の中の非自己を排除するのが免疫(2)脳において...

  • ニャンコを抱き上げマッサージ 「幸せホルモン」分泌のメカニズム

    「健脳」養生法――死ぬまでボケない 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のテーマは「ペットの効用」。*  *  *【ポイント】(1)ペットとの交流で生まれるオキシトシン効果(2)オキシトシン...

  • “人づきあいと場所”は大事 医師の「認知症予防」アイデア

    「健脳」養生法――死ぬまでボケない 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のテーマは「人づきあいの効果」。*  *  *【ポイント】(1)人とのコミュニケーションが大事(2)生命のエネルギーを...

  • 現代人は「ホメオスターシス」の不調が常態化? 帯津先生が解説

    「健脳」養生法――死ぬまでボケない 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のテーマは「ホメオスターシス」。*  *  *【ポイント】(1)ホメオスターシスに関与する自律神経(2)自律神経がアン...

  • 肉を食べるのは体にいい、それとも悪い? 医師・帯津良一の考え方

    「健脳」養生法――死ぬまでボケない 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のテーマは「肉を食べること」。*  *  *【ポイント】(1)がん治療の現場では、肉類は悪者扱い(2)高齢者は肉類を食...