山田洋文

山田洋文(やまだ・ひろふみ)/1975年生まれ、京都府出身。教育家。神戸大学経済学部卒。独立系SIerのシステムエンジニアを経て、オルタナティブスクール教員に。2016年4月、京都市内でプロジェクト学習に特化した探究塾の探究堂(http://tanqdo.jp/)を開校。探究堂代表、認定NPO法人東京コミュニティスクール理事。

  • 小さな植物学者が挑む葉っぱの「同定作業」 最後に残った謎の1枚の正体は

    小さな植物学者が挑む葉っぱの「同定作業」 最後に残った謎の1枚の正体は

     自分たちで拾ってきた葉っぱと樹木図鑑を、教室で見比べる探究堂キッズ。たくらみ低学年(小学1・2年生)クラスは、植物の種類を調べる「同定作業」の真っ最中です。「これは絶対にクヌギやわ。(葉縁の)ギザギ

    AERA

    10/11

  • 子どもたちが「ウルトラハンド」を自作! 生みの親は任天堂のレジェンド

    子どもたちが「ウルトラハンド」を自作! 生みの親は任天堂のレジェンド

     たくらみ中学年(小学3・4年生)クラスでは現在、「技術や仕組みは応用できる」を合言葉に、ものづくりプロジェクトに取り組んでいます。 ある日の授業のこと。私は子どもたちに「ウルトラハンド」という商品を

    AERA

    10/4

  • 飼育中のダンゴムシを襲った悲劇… 新発見!チーズとチョコが好み

    飼育中のダンゴムシを襲った悲劇… 新発見!チーズとチョコが好み

     夏休み明けからダンゴムシ探究に取り組み始めたぷれりか(幼児)クラス。授業のはじめに各自の飼育状況の報告を行うことが最近の恒例となってきました。「葉っぱはやっぱり好きみたい。ダンゴムシが集まってたし」

    AERA

    9/27

  • ボールペンを分解してわかった「すごい仕組み」 子どもたちがエンジニアに

    ボールペンを分解してわかった「すごい仕組み」 子どもたちがエンジニアに

     たくらみ中学年(小学3・4年生)クラスでは、「技術や仕組みは応用できる」を合言葉に夏休み明けより新プロジェクトに取り組んでいます。身近な材料を使ったものづくりができるとあって、子どもたちの期待感も高

    AERA

    9/20

  • 葉っぱを隅々まで知れる「フロッタージュ」って? 小1・2年生が植物博士に

    葉っぱを隅々まで知れる「フロッタージュ」って? 小1・2年生が植物博士に

    「『葉っぱ』という言葉を聞いて思いついたことを教えてくれへん?」 夏休み明けから始まるプロジェクトを心待ちにしていたたくらみ低学年(小学1・2年生)クラスの子どもたちに問いかけます。 身近にあって見慣

    AERA

    9/13

  • ダンゴムシは何を食べる?寿命は?足は何本? いざ探究だ

    ダンゴムシは何を食べる?寿命は?足は何本? いざ探究だ

     長い夏休みが終わり、探究堂の教室ににぎやかな声が戻ってきました。誰一人欠席することなく元気に登塾し、いよいよ新学期のスタートです。「ねえ、今度のプロジェクトってどんなことすんの?」 新プロジェクトの

    AERA

    9/6

  • 小4生が10種類の炭酸飲料で「メントスコーラ実験」やってみた 噴出度1位はどれだ?

    小4生が10種類の炭酸飲料で「メントスコーラ実験」やってみた 噴出度1位はどれだ?

     探究堂では自分が興味・関心のあることをテーマに設定し、個人プロジェクトとしてそのテーマをとことん追究する授業「まいぷろ(マイプロジェクトの略)クラス」も行っています。今回の記事では、まいぷろクラスで

    AERA

    8/30

  • 宙に浮く巨大魚の思わぬ正体とは? 子どもたちが京都・出町商店街の謎を解明

    宙に浮く巨大魚の思わぬ正体とは? 子どもたちが京都・出町商店街の謎を解明

     たくらみ低学年クラス(小学1・2年生)が年度初めに取り組んだ商店街探検プロジェクトでは、京都市の出町商店街についてたくさんの発見ができました。子どもたちはその中から各自調べたいことを一つに絞り調査を

    AERA

    8/23

  • ミッションは「風を捕まえる」 オリジナルのぐにゃぐにゃ凧で風の力を実感

    ミッションは「風を捕まえる」 オリジナルのぐにゃぐにゃ凧で風の力を実感

     ぷれりか(幼児)クラスが春に取り組んでいた『風』プロジェクトの続きのお話です。 プロジェクトの序盤、「風を探しに行こう!」を合言葉に、オリジナルの風探索器を作った子どもたち。鴨川に出かけ調査した結果

    AERA

    8/9

  • 「自分らしさ」見つめ成長する子どもたち 等身大の自画像も完成!

    「自分らしさ」見つめ成長する子どもたち 等身大の自画像も完成!

     たくらみ低学年クラス(小学1・2年生)が取り組んできた「自分を知る」プロジェクトもいよいよ佳境に入りました。「『自分らしさ』って聞くと、どんなことを思い浮かべる?」 私からの不意の問いかけに、子ども

    AERA

    8/2

1 2 3 4 5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す