(3ページ目)帯津良一〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

帯津良一

このエントリーをはてなブックマークに追加
帯津良一

帯津良一

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

  • 認知症予防に「ニンニク」! 医師・帯津先生が解説

    「健脳」養生法――死ぬまでボケない 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のテーマは「ニンニク」。*  *  *【ポイント】(1)ニンニクは認知症予防の強い味方になる(2)アルツハイマー型認知...

  • 帯津医師が喫煙者を「叱る気になれない」理由は“心のときめき”

    「健脳」養生法――死ぬまでボケない 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のテーマは「タバコの害について」。*  *  *【ポイント】(1)タバコは確実で最強の発がん効果を持っている(2)認知...

  • 長生きできる? 江戸時代の“常識にとらわれない”生き方

    「健脳」養生法――死ぬまでボケない 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のテーマは「神沢杜口(かんざわとこう)」。*  *  *【ポイント】(1)常識にとらわれない人物だった神沢杜口(2)家...

  • 「好奇心」はやっぱりイイ! 死ぬまでボケないために

    「健脳」養生法――死ぬまでボケない 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のテーマは「好奇心」。*  *  *【ポイント】(1)新しいことに接して、それを自分のものにする(2)好奇心を持つこと...

  • 認知症リスクは「免疫年齢」の若さで回避? 帯津良一が最新研究を解説

    「健脳」養生法――死ぬまでボケない 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のテーマは「認知症と免疫年齢」。*  *  *【ポイント】(1)脳の老化は「免疫年齢」に大きく左右される(2)「免疫年...