Nissim Otmazgin

Nissim Otmazgin(ニシム・オトマズキン)/国立ヘブライ大学教授、同大東アジア学科学科長。トルーマン研究所所長。1996年、東洋言語学院(東京都)にて言語文化学を学ぶ。2000年エルサレム・ヘブライ大にて政治学および東アジア地域学を修了。2007年京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科修了、博士号を取得。同年10月、アジア地域の社会文化に関する優秀な論文に送られる第6回井植記念「アジア太平洋研究賞」を受賞。12年エルサレム・ヘブライ大学学長賞を受賞。研究分野は「日本政治と外交関係」「アジアにおける日本の文化外交」など。京都をこよなく愛している。

  • イスラエルと日本 新型コロナウイルスへの反応の違い

    イスラエルと日本 新型コロナウイルスへの反応の違い

     毎日、日本とイスラエル、両国のニュースの熱心な読者である私は、この数週間、新型ウイルス「コロナウイルス/COVID-19」の広がりに関する報道に注意を払っていました。特に二つの政府の、自国でこのウイ

    dot.

    4/16

  • イスラエルの田中角栄 1年で3回の総選挙!

    イスラエルの田中角栄 1年で3回の総選挙!

     イスラエルでは3回目の総選挙が3月2日に行われました。この1年で3回目です! その理由は、有権者が現在二つの陣営に分かれて対立しているからです。一方はべンヤミン・ネタニヤフ現首相が率いる右派・宗教連

    dot.

    3/21

  • イスラエルではクルマの洗車は「反社会的」

    イスラエルではクルマの洗車は「反社会的」

     イスラエルの人々の気分に最も影響を与えることの1つは、ガリラヤ湖の水位です。ヘブライ語で「キネレット」と呼ばれるガリラヤ湖は、イスラエル最大の天然水源であり、国の存在にとって必要不可欠な資源と考えら

    dot.

    3/15

  • 外国料理の関心高まるイスラエル “食の革命”が進行中

    外国料理の関心高まるイスラエル “食の革命”が進行中

     日本での留学中に見ていたテレビ番組で最も印象に残っているのは料理番組です。料理や食に関する番組の多さと、日本人の食への関心の深さに魅了されました。旅行会社のパンフレットには国内旅行、海外旅行用共に多

    dot.

    2/19

  • 日本人が海外渡航を恐れる理由とは?

    日本人が海外渡航を恐れる理由とは?

     2005年1月、インドネシア、スリランカ、タイなどの地域を襲ったスマトラ島沖地震で発生したインド洋津波の2週間後、私はイスラエルから日本に行く予定でした。そのとき、私の叔母は危ないから行くなと言いま

    dot.

    2/3

  • イスラエルのサッカーは政治的

    イスラエルのサッカーは政治的

     私は子供の頃からサッカーをしていました。京大での学生時代は学生サッカー部に夢中でした。3年間、キャプテンも務めたほどで、社会人リーグの試合にも出たことがあります。サッカーそのものも楽しかったですが、

    dot.

    1/15

  • ユダヤ人難民が日本で大富豪になった  ショール・アイゼンバーグの生涯

    ユダヤ人難民が日本で大富豪になった  ショール・アイゼンバーグの生涯

     今回は、1940年代に19歳で難民として日本に渡ってきたショール・アイゼンバーグの話をします。アイゼンバーグは日本人の妻を迎え日本で家庭を築き、戦火を生き延びました。そして、ビジネスの才覚があった彼

    dot.

    11/19

  • イスラエル政治がやばい 語られないユダヤ人社会の「分断」

    イスラエル政治がやばい 語られないユダヤ人社会の「分断」

     イスラエルの総選挙はこの6カ月で2回実施されています。2回目からすでに1カ月が過ぎようとしていますが、原稿を書いている10月11日現在、誰が政府をつくっていくのか、いまだにはっきり決まっていません。

    dot.

    10/20

  • 中東の代表的な料理「フムス」のナショナリズム

    中東の代表的な料理「フムス」のナショナリズム

     日本を訪れる旅行者の楽しみの一つは食事です。外国人にとって和食の代表格は寿司ですが、日本料理は地域により様々な特徴があり、その個性を比べて楽しむことも出来ます。中華料理のラーメン、ポルトガルが発祥の

    dot.

    9/7

  • こんなに違う! 日本とイスラエルの民泊事情

    こんなに違う! 日本とイスラエルの民泊事情

     2008年に米国で誕生した民泊運営ウェブサイト「エアービーアンドビー」(以下エアビー)は世界の旅行業界を革命的に変えてきています。これまでは海外旅行の際、情報が少なければ地域との交流から孤立した高価

    dot.

    8/17

1 2 3 4 5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す