中瀬ゆかり

中瀬ゆかり(なかせ・ゆかり)/和歌山県出身。「新潮」編集部、「新潮45」編集長等を経て、2011年4月より出版部部長。「5時に夢中!」(TOKYO MX)、「とくダネ!」(フジテレビ)、「垣花正 あなたとハッピー!」(ニッポン放送)などに出演中。編集者として、白洲正子、野坂昭如、北杜夫、林真理子、群ようこなどの人気作家を担当。彼らのエッセイに「ペコちゃん」「魔性の女A子」などの名前で登場する名物編集長。最愛の伴侶、 作家の白川道が2015年4月に死去。ボツイチに。

  • 中瀬ゆかり「トウチャンの子供を産まない選択をしたわが編集者人生」

    中瀬ゆかり「トウチャンの子供を産まない選択をしたわが編集者人生」

    「8050問題」「子どもリスク」などという言葉を最近よく目にする。現在15歳から39歳で全国に約54万人引きこもりの若者がいて、40歳以上は統計がないけれど、それをあわせたら実は100万人を超えている

    dot.

    11/1

  • 中瀬ゆかり「実は失顔症で上役の顔も覚えられず、やらかした過去」

    中瀬ゆかり「実は失顔症で上役の顔も覚えられず、やらかした過去」

     初デートというのはこんな歳になってもやはり緊張する。しかも、相手と会うのは2回目。初対面の日は暗いバーで酔っぱらって話していたし、正直、顔をちゃんと見分けられるかも怪しいレベルだ。脳科学者に教えても

    dot.

    10/18

  • 中瀬ゆかり「北杜夫、野坂昭如氏ら大作家にご迷惑をかけた“21世紀処女”の私」

    中瀬ゆかり「北杜夫、野坂昭如氏ら大作家にご迷惑をかけた“21世紀処女”の私」

     MXテレビ「5時に夢中!」という番組内で、作家の岩井志麻子さんからもたびたびネタにされているが、あちらが「日本一のエロババア」の異名をとるのに対し、私は「21世紀処女」。まことに不名誉な称号である。

    dot.

    10/4

  • 中瀬ゆかり「そうか、もう君はいないのか…。黒皮の手帳に残された言葉とは?」

    中瀬ゆかり「そうか、もう君はいないのか…。黒皮の手帳に残された言葉とは?」

     白川のいなくなった書斎のカレンダーは、彼が旅立った日の2015年の4月のまま。彼を焼き場で見送った日、みんなと別れてからの深夜、ひとり書斎でぼんやりと時間を過ごし、幼稚な文字でカレンダーの4月16日

    dot.

    9/20

  • 中瀬ゆかり「霊能師Mさんも予言された運命の人とは?」

    中瀬ゆかり「霊能師Mさんも予言された運命の人とは?」

    「悲劇は人を変化させるが、喜劇は変化をこばむ」という一文をなにかで読んで刺さった。たしかに、パートナーだった白川道(トウチャン)と暮らして笑いまくっていたあの頃はまるで毎日が喜劇で、私は良くも悪くも変

    dot.

    9/6

  • 中瀬ゆかり「トウチャンの散骨、無縁墓問題、スマ墓。頭をよぎる私のお墓…」

    中瀬ゆかり「トウチャンの散骨、無縁墓問題、スマ墓。頭をよぎる私のお墓…」

     先日の「AERA」でもそうだったが最近、墓に関する特集記事をよく目にする。父の墓をどうするかがまだ決まっていないので気になっていることもあるが、世の中的に「墓じまい」という言葉が流行ったり、未婚率は

    dot.

    8/23

  • 中瀬ゆかり「魂でもいいからそばに…白洲正子がかつて教えてくれたこと」

    中瀬ゆかり「魂でもいいからそばに…白洲正子がかつて教えてくれたこと」

     今年の3月に和歌山に住む父を亡くした。父は故郷の偉人・南方熊楠の研究に人生を捧げた高校教師だったが、定年後は南方熊楠顕彰館の館長を長く務めた。死んだトウチャンとはまったくタイプの違う学者肌で真面目な

    dot.

    8/9

  • 中瀬ゆかり「林真理子さんは魔性の女A子、『5時に夢中!』は半蔵門親方、そしてペコと呼んだのは?」

    中瀬ゆかり「林真理子さんは魔性の女A子、『5時に夢中!』は半蔵門親方、そしてペコと呼んだのは?」

     ちょっと前に、「あだ名禁止」の小学校が増えているという記事を読んだ。あだ名はいじめにつながるという理由で、男女ともに「さん」づけで呼ぶことにするという新ルールがあるらしい。うーん、なんか寂しいなあ。

    dot.

    7/26

  • 中瀬ゆかり「私だけが知る日本一のエロババア、岩井志麻子の人見知りな素顔」

    中瀬ゆかり「私だけが知る日本一のエロババア、岩井志麻子の人見知りな素顔」

      私は現在、MXテレビの「5時に夢中!」という番組に毎週木曜日にレギュラー出演させていただいている。一緒にコメンテーターとして席を並べているのが、同じ年の盟友、作家の岩井志麻子さんだ。「文壇のいくよ

    dot.

    7/12

  • 中瀬ゆかり「愛する家族を亡くし、辛い人にぜひ、読んでほしい村上春樹さんの言葉」

    中瀬ゆかり「愛する家族を亡くし、辛い人にぜひ、読んでほしい村上春樹さんの言葉」

     同情が集まったからなのだろうか、トウチャンを喪ってからの私には夕食や飲みのお誘いが異常に増えた。仕事の会合もあるので、それを足したら、土日もあわせて1週間、空いている夜がないくらいに、毎日誰かとなに

    dot.

    6/28

1 2 3

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す