山田洋文〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

山田洋文

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田洋文

山田洋文

山田洋文(やまだ・ひろふみ)/1975年生まれ、京都府出身。教育家。神戸大学経済学部卒。独立系SIerのシステムエンジニアを経て、オルタナティブスクール教員に。2016年4月、京都市内でプロジェクト学習に特化した探究塾の探究堂(http://tanqdo.jp/)を開校。探究堂代表、認定NPO法人東京コミュニティスクール理事。

  • NEW

    「おしゃべり」だけど「口が堅い」!? 小2のT君が発見した自分の姿

    探究堂日記 AERA

     興味深そうな表情で卓上ミラーとにらめっこする子どもたち。低学年クラス(小学1・2年生)のメンバーはそこに映る自分の顔を見ながらデッサンを描き進めています。 今回彼らが取り組むプロジェクトのミッションは「『自分』についてとことん知ろう!」です。その手始めとして、鏡を使って自分の外見的特徴を知ることに...

  • 釘打ちって何? 桑の実ってどんな味? 祖父母の子ども時代に興味津々

    探究堂日記 AERA

     机の上にバサッと広げられた手紙の数々。両親や祖父母から子どもたちへの手紙には、自分が小学生時代にどんな遊びをしていたかがつづられていました。 中学年クラス(小学3・4年生)のメンバーは蛍光マーカー片手にそれら一枚一枚を食い入るように読み進めます。 メンコ、チャンバラ、缶けり、あやとり、おはじき、お...

  • 青が光ればやる気全開! S君が見つけた「頭の中の信号機」

    探究堂日記 AERA

    「『自分』がテーマってどういうこと?」 新たに始まるプロジェクトの概要を伝えると、たくらみ低学年クラス(小学1・2年生)の生徒たちは素朴な疑問を口にしました。 プロジェクトのミッションは「『自分』についてとことん知ろう!」。前回彼らが取り組んだ商店街探検に比べると、何とも抽象的でつかみどころがないテ...

  • 体長50センチ超の「超大物」と鴨川で格闘! 子どもたちの心を揺さぶる大発見

    探究堂日記 AERA

    「『川の生き物』という言葉を聞いたら、どんなことを頭に思い浮かべるかな?」 新プロジェクトを心待ちにしていた「ぷれりか」(幼児クラス)の生徒に問いかけます。「小さい魚かなあ。例えばメダカとか」「あと、小さいエビもね」 最初の問いかけに考え込む様子を見せましたが、一人の発言をきっかけに少しずつ意見が出...

  • 金魚すくいの「ポイ」はなぜすぐ破れるのか? 小4が執念で重ねた4カ月間の大実験

    探究堂日記 AERA

     探究堂には自分が興味・関心のあることをテーマに設定し、個人プロジェクトとしてそのテーマをとことん追究する授業が存在します。「マイプロジェクト」を略して「まいぷろ」と名付けたこのクラスは昨年秋に実験的にスタートしました。 既にいくつものプロジェクトが実施されてきましたが、今回はこれまでで最も思い出深...