AERA dot.

津田大介

このエントリーをはてなブックマークに追加
津田大介

津田大介

津田大介(つだ・だいすけ)/1973年生まれ。ジャーナリスト/メディア・アクティビスト。ウェブ上の政治メディア「ポリタス」編集長。ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られる。主な著書に『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)

  • NEW

    津田大介「世論調査が示すヘイトスピーチの拡大」

    週刊朝日

     ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。「ヘイトスピーチ抑止」の実態についてデータをもとに解説する。*  *  * 特定の人種や民族への差別をあおる「ヘイトスピーチ」を日本社会はどのように見ているのか。内閣府が12月2日、5年ぶ...

  • 津田大介「責任逃れができなくなった『まとめサイト』」

    週刊朝日

     ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。「まとめサイト」の新たな司法判断について解説する。*  *  * ネット上の表現の自由を巡る問題で大きな転換点となり得る判決が11月16日、大阪地裁であった。「まとめサイト」の大手「保守速...

  • 津田大介「国家による悪用で後退するネットの自由度」

    週刊朝日

     ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。「ネットの自由度」に関する国際調査を見て、こう分析する。*  *  * 11月14日、国際人権監視NGOの「フリーダムハウス」が、世界各国のインターネットの自由度に関する調査報告書「ネット...

  • 津田大介「社会的分断防ぐ反対意見を紹介する試み」

    週刊朝日

     ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。米ワシントン・ポスト紙が始めた新機能について、津田氏が解説する。*  *  * 米ワシントン・ポスト紙は11月9日、ウェブサイトのオピニオン(論説)記事に、自社の主張と対立する記事をレコメ...

  • 津田大介「世論工作に利用される米ネット大手3社」

    週刊朝日

     ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。フェイスブック、グーグル、ツイッターがどれほど「ロシアゲート」に使われたか、津田氏が解説する。*  *  * 米国では、2016年米大統領選挙へのロシア干渉疑惑──いわゆる「ロシアゲート」...