田原総一朗〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗

このエントリーをはてなブックマークに追加
田原総一朗

田原総一朗

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年、滋賀県生まれ。60年、早稲田大学卒業後、岩波映画製作所に入社。64年、東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。77年にフリーに。テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。98年、戦後の放送ジャーナリスト1人を選ぶ城戸又一賞を受賞。早稲田大学特命教授を歴任する(2017年3月まで)。 現在、「大隈塾」塾頭を務める。『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)の司会をはじめ、テレビ・ラジオの出演多数

  • NEW

    田原総一朗「安倍3選阻止へ参院ドンの青木幹雄が動いた理由」

    ギロン堂 週刊朝日

     9月に行われる自民党総裁選。安倍晋三首相優勢の報道が流れるが、自民党OBの元大ボスが、石破茂・元幹事長を推す動きを見せているという。ジャーナリストの田原総一朗氏が、その理由を読み解く。*  *  *“今回の総裁選に出馬せず、安倍首相を中心に政治課題への取り組みを進めることが日本の安定に...

  • 田原総一朗「ウソが常識と化した安倍内閣の高い支持率に違和感」

    ギロン堂 週刊朝日

     モリカケ問題をはじめ、IR実施法や働き方改革関連法の可決など波乱含みだった今期の通常国会。ジャーナリストの田原総一朗氏は、多くの問題を抱えているにもかかわらず、依然として高い安倍政権の支持率に違和感を覚える。*  *  * 7月22日に、182日間の通常国会が閉幕した。 だが、西日本豪雨災害の中で...

  • 田原総一朗「プーチンと同調も支離滅裂なトランプ発言」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、ロシアに歩み寄るトランプ大統領の行動を批判する。*  *  * トランプ大統領が、中国を、そして北大西洋条約機構(NATO)各国を相手に激しい貿易戦争を演じている。米国の貿易赤字の約半分が中国からの輸入であり、米国第一主義を掲げるトランプ氏にとって、中国との貿易戦争...

  • 田原総一朗「安倍政権の無責任な原発増設計画 小泉元首相は…」

    ギロン堂 週刊朝日

     7月3日に閣議決定された、新たなエネルギー基本計画。ジャーナリストの田原総一朗氏は、安倍政権の無責任な原発増設計画に疑問を投げる。*  *  * 西日本がかつてなかった豪雨による大被害を受けたが、なんと気象庁が「記録的な大雨になる恐れあり」と発表した7月5日の夜、安倍首相をはじめ自民党の幹部たちが...

  • 田原総一朗「トランプ暴走で安倍窮地 貿易戦争スルーの与野党」

    ギロン堂 週刊朝日

     米国政府は予定通り、7月6日に中国に対して追加関税を発動した。ジャーナリストの田原総一朗氏は、この問題における日本の対応に苦言を呈する。*  *  * 米中の貿易戦争が勃発する危険性が高い。 きっかけを作ったのは、米国のトランプ大統領である。彼が米国第一主義を露骨に示し始めたのだ。 トランプ氏は3...