田原総一朗〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗

このエントリーをはてなブックマークに追加
田原総一朗

田原総一朗

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年、滋賀県生まれ。60年、早稲田大学卒業後、岩波映画製作所に入社。64年、東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。77年にフリーに。テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。98年、戦後の放送ジャーナリスト1人を選ぶ城戸又一賞を受賞。早稲田大学特命教授を歴任する(2017年3月まで)。 現在、「大隈塾」塾頭を務める。『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)の司会をはじめ、テレビ・ラジオの出演多数

  • NEW

    田原総一朗「統計不正は厚労省の忖度 それでもひとごとの安倍内閣」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、統計不正問題が起こった背景を探る。*  *  * 繰り返しになるが厚生労働省問題を取り上げたい。厚労省の「毎月勤労統計」の不正事件に、どうも安倍内閣は本気で取り組む気持ちがないのではないか。 2004年から、従業員500人以上の事業所はすべて調べるべきなのを東京都分...

  • 田原総一朗「米朝、米中会談は成功? トランプ弾劾を恐れるのは民主党」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、トランプ大統領が窮地に追い込まれていると指摘する。*  *  * 1月20日で、トランプ大統領は就任から3年目に入ったが、このところトランプ氏は苦境に立たされている。連邦予算をめぐって民主党と対立し、下院では民主党が多数派なので、成立のめどが立たないのだ。 暫定的措...

  • 田原総一朗「安倍首相のご機嫌第一で、統計不正の組織防衛に加担」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、「組織防衛」という言葉が意味することを考える。*  *  * 厚生労働省は、統計不正問題について「解明、解明」と力説しながら、組織防衛のために解明をねじ曲げ、自らをどんどん破綻に追いつめているようだ。厚生労働省の官僚たちも安倍内閣の閣僚たちも、組織防衛ということがま...

  • 田原総一朗「進次郎氏が危機感。安倍政権が侮る政治に無関心な国民」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、日本国民の政治への無関心を危惧する。*  *  * 自民党の国会議員で、その言動が国民から非常に注目されている小泉進次郎氏が、私に次のように言った。「なぜか、日本の国民の大多数は政治に関心がないのですよね。大変困ったことだと思いますが」 私も同じ思いを持っていて、日...

  • 田原総一朗「安倍首相が私に語った『改憲の必要ない』の真意は?」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、安倍政権の軍備拡張路線や採決の強行姿勢に苦言を呈する。*  *  * 正月にしばらく仕事をしない日が続いて、あらためて気になりだした。 12月18日に、防衛計画の大綱・中期防衛力整備計画が発表され、護衛艦「いずも」が事実上空母化されることになり、米国から大量に買った...