AERA dot.

田原総一朗

このエントリーをはてなブックマークに追加
田原総一朗

田原総一朗

田原総一朗(たわら・そういちろう)/1934年、滋賀県生まれ。60年、早稲田大学卒業後、岩波映画製作所に入社。64年、東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。77年にフリーに。テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。98年、戦後の放送ジャーナリスト1人を選ぶ城戸又一賞を受賞。早稲田大学特命教授を歴任する(2017年3月まで)。 現在、「大隈塾」塾頭を務める。『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)の司会をはじめ、テレビ・ラジオの出演多数

  • NEW

    田原総一朗「トランプを急変させた中国『特使派遣』に焦る日本政府」

    週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、中国の特使が北朝鮮へ派遣されたことについて、日本政府が不安を抱いているという。*  *  * いま、日本では北朝鮮問題について、二つの見方が生じている。 米国のトランプ大統領が、はじめてのアジア歴訪を終えて帰国した。前回も記したが、トランプ大統領は、日本の安倍首相と...

  • 田原総一朗「トランプと習近平のウィンウィンで北朝鮮はどうなる」

    週刊朝日

     北朝鮮へ武力行使も辞さない姿勢のトランプ米大統領。しかし、中国との関係をみると矛盾点があるとジャーナリストの田原総一朗氏は指摘する。*  *  * トランプ大統領ははじめてのアジア歴訪で、日本、韓国、そして中国との首脳会談を終えた。 日米首脳会談を終えて、安倍晋三首相は、日米が「北朝鮮への圧力を最...

  • 田原総一朗「自民党による野党の質問時間制限はまったく筋が通らない」

    週刊朝日

     国会質疑での野党の質問時間を削減しようとする自民党。その提案に異議を唱えるジャーナリストの田原総一朗氏は、そもそも野党の質問時間が長い理由を解説する。*  *  * この原稿を書いている11月2日の時点では、読者の一番の関心は5日に来日するトランプ大統領が、安倍晋三首相に何を求めるか、ということで...

  • 田原総一朗「小池百合子氏だけを『袋だたき』にするのは間違っている」

    週刊朝日

     自民党の圧勝という形で幕を閉じた衆議院選挙。ジャーナリストの田原総一朗氏は今回の選挙戦を振り返り総括する。*  *  * 総選挙の結果は自民党が284議席と、当初の予測を大きく破って勝利した。旋風を起こすとみられた希望の党は50議席と惨敗。小池百合子代表から「排除」された立憲民主党が55議席で野党...

  • 田原総一朗「改憲目指す安倍首相が狙う公明と希望の『両天秤』」

    週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、今回の選挙後、自民党と組んだ公明党に変化が起きると予測する。*  *  * この原稿を書いているのは10月19日で、投開票日の3日前だ。 現在の情勢では、安倍晋三首相の自民党が、過半数を相当上回りそうである。 だが、これは安倍政治が国民の多くに評価されているためでは...