田原総一朗〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗

このエントリーをはてなブックマークに追加
田原総一朗

田原総一朗

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年、滋賀県生まれ。60年、早稲田大学卒業後、岩波映画製作所に入社。64年、東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。77年にフリーに。テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。98年、戦後の放送ジャーナリスト1人を選ぶ城戸又一賞を受賞。早稲田大学特命教授を歴任する(2017年3月まで)。 現在、「大隈塾」塾頭を務める。『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)の司会をはじめ、テレビ・ラジオの出演多数

  • NEW

    田原総一朗「守りの経営を壊して第4次産業革命にチャレンジせよ」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、IT革命に乗り遅れた我が国の状況を鑑み、“人生120年”時代の日本のあり方を考える。*  *  * 1年ばかり前に、京都大の山中伸弥教授が私に、「ゲノム編集による再生医療によって、今後10年くらいでほとんどの病気が克服されるようになる」と語っ...

  • 田原総一朗「国民の神経を逆なでする北村迷走答弁に検察人事問題」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、「桜を見る会」における北村誠吾地方創生相の答弁や黒川弘務・東京高検検事長(63)の定年延期について、安倍首相への忖度を指摘する。*  *  * 繰り返し記しているが、「桜を見る会」疑惑はあってはならない、とんでもない出来事なのである。どう考えても税金の私物化である。...

  • 田原総一朗「新型肺炎問題で『桜』疑惑を置き去りにしてはならぬ」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、新型肺炎問題の陰に隠れて、「桜を見る会」疑惑の追及がなおざりにされることを危惧する。*  *  *。 去年の秋、共産党が糾明を始めてから、国会で大きな問題になっている安倍首相主催の「桜を見る会」疑惑だが、野党に対しても少なからず批判が出ている。 新型コロナウイルスで...

  • 田原総一朗「ゴーン逮捕・起訴は正当か 岐路に立つ日本の司法制度」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、日産の元会長カルロス・ゴーン氏が批判した日本の司法制度について考える。*  *  *。 2月2日放送の「激論!クロスファイア」に、弁護士の郷原信郎氏に出演してもらった(収録は1月30日)。郷原氏が、12月29日に関西空港からレバノンに逃亡した日産の前会長カルロス・ゴ...

  • 田原総一朗「疑惑国会ゼロ回答の安倍首相 自民党から総辞職の声を」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、安倍政権下の一連の疑惑について、自民党内部へ疑問を呈する。*  *  * 1月20日から衆参本会議が始まったが、朝日新聞は「『疑惑国会』開幕」と報じた。たしかに「桜を見る会」「カジノを含むIR汚職」、そして「経産、法務2閣僚の辞任」など、疑惑満載の国会である。 そし...

おすすめの記事おすすめの記事