田原総一朗〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗

このエントリーをはてなブックマークに追加
田原総一朗

田原総一朗

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年、滋賀県生まれ。60年、早稲田大学卒業後、岩波映画製作所に入社。64年、東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。77年にフリーに。テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。98年、戦後の放送ジャーナリスト1人を選ぶ城戸又一賞を受賞。早稲田大学特命教授を歴任する(2017年3月まで)。 現在、「大隈塾」塾頭を務める。『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)の司会をはじめ、テレビ・ラジオの出演多数

  • NEW

    田原総一朗「米国の庇護は“勘違い” 核保有含め防衛の議論が必要か」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、米国の「核の傘」はあてにならないとしたうえで、日本の防衛のあり方を問いかける。*  *  * 6月末に大阪で催された主要20カ国・地域(G20)首脳会議後の記者会見で、トランプ大統領が「誰かが日本を攻撃すれば、我々は全軍が全力で戦うが、米国が攻撃を受けても、日本はそ...

  • 田原総一朗「与野党の主張は国民と乖離 取り組むべきは生活不安だ」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、今回の参院選について投票率の異常な低さについて、自身の考えを明らかにする。*  *  * 参議院選挙の結果で、私が最も衝撃を受けたのは、48.8%という投票率の低さであった。前回よりも約6ポイント低く、有権者の半分以上が投票をしていないのである。 いくつかのテレビ番...

  • 田原総一朗「国民意識は変化した? 安倍首相宿願の憲法改正へ」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、安倍晋三首相が参院選でこれまでになく、憲法改正を強調していた点に着目する。*  *  * 安倍自民党は2012年12月から17年までに、5回の国政選挙を行ってきた。安倍首相はどの選挙でも「経済政策」を前面に打ち出してきた。 安保法の改革や共謀罪の新設など、野党が全面...

  • 田原総一朗「“反民主的”安倍内閣と自民党の国民軽視は看過できず」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、現在の“自民党の大問題”を指摘する。*  *  * 7月21日は参議院選挙の投票日だ。 安倍自民党は2012年12月の衆議院選挙を含めて、5回の国政選挙を行って、いずれも勝っている。 世界の先進国で、これほど安定している国はない。 だが、率直...

  • 田原総一朗「対中朝でトランプ豹変 米に寄り添う安倍外交への危惧」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、米中首脳会談でトランプ氏が“豹変”したことについて解説する。*  *  * 大阪で行われたG20で、世界中がトランプ大統領・習近平国家主席の米中首脳会談に注目していた。 2018年10月のペンス副大統領の強烈な対中批判演説で、米中は&ldqu...