田原総一朗〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗

このエントリーをはてなブックマークに追加
田原総一朗

田原総一朗

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年、滋賀県生まれ。60年、早稲田大学卒業後、岩波映画製作所に入社。64年、東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。77年にフリーに。テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。98年、戦後の放送ジャーナリスト1人を選ぶ城戸又一賞を受賞。早稲田大学特命教授を歴任する(2017年3月まで)。 現在、「大隈塾」塾頭を務める。『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)の司会をはじめ、テレビ・ラジオの出演多数

  • NEW

    田原総一朗「安倍首相のレームダック化を誰も止めない自民党」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、安倍内閣の延長を危惧する。*  *  * 第4次安倍改造内閣がスタートしたが、安倍内閣はこれから3年で終わる。ピリオドが明確な場合は、歴史的に見てレームダックになる確率が高い。中国の習近平国家主席やロシアのプーチン大統領は、いずれも任期を撤廃・延長し、世界には任期の...

  • 田原総一朗「中間選挙でトランプまさかの逆転? 安倍首相は…」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、トランプ大統領の主張と米国民の“ホンネ”を指摘し、今後の米国に対する日本のあり方について持論を展開する。*  *  * 第4次安倍改造内閣の最重要課題は、トランプ大統領の米国とどのように付き合うかということだ。 ハーバード大の二人の教授が、『...

  • 田原総一朗「沖縄での惨敗、内向きな改造で死に体化する安倍政権」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、第4次安倍改造内閣の課題を指摘する。*  *  * 第4次安倍改造内閣がスタートした。任期は残り3年である。3年で終わらなければならない。常識的に言えば、こうした政権はレームダックとなる可能性が高い。だからこそ、中国の習近平国家主席など、少なからぬ権力者が任期を引き...

  • 田原総一朗「安倍首相の神経のゆるみが石破氏大健闘を招いた」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、自民党総裁選を振り返る。*  *  * 9月20日の自民党総裁選で、石破茂氏が予想外の大健闘をした。国会議員票はせいぜい五十数票と見られていたのに73票を獲得し、地方票は150票取れれば健闘と見られていたのに、なんと181票を獲得した。おそらく、石破氏自身も予想して...

  • 田原総一朗「陸自を多国籍軍派遣へ 軍事力強化の狙いは?」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、新聞が一面トップで報じた防衛省にかかわる話題を取り上げ、日本の未来に問題提起をする。*  *  * 9月17日の朝日新聞が、1面トップで次のような報道をした。<防衛省が海上自衛隊の潜水艦を南シナ海へ極秘派遣し、東南アジア周辺を長期航海中の護衛艦の部隊と合流させて、1...