田原総一朗〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田原総一朗

このエントリーをはてなブックマークに追加
田原総一朗

田原総一朗

田原総一朗(たはら・そういちろう)/1934年、滋賀県生まれ。60年、早稲田大学卒業後、岩波映画製作所に入社。64年、東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。77年にフリーに。テレビ朝日系『朝まで生テレビ!』『サンデープロジェクト』でテレビジャーナリズムの新しい地平を拓く。98年、戦後の放送ジャーナリスト1人を選ぶ城戸又一賞を受賞。早稲田大学特命教授を歴任する(2017年3月まで)。 現在、「大隈塾」塾頭を務める。『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)の司会をはじめ、テレビ・ラジオの出演多数

  • NEW

    田原総一朗「『桜を見る会』シュレッダー疑惑 納得する国民はいない」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、いま一度「桜を見る会」とその後の政府の対応について、問題点を指摘する。*  *  * 何度も記すが、いま問題になっている、首相が主催する「桜を見る会」についてである。私は、安倍自民党の議員たちの神経が緩みきったために起きた事件だと考えている。 実は、2017年の森友...

  • 田原総一朗「文政権追い詰めたのは日本。韓国への提言で関係修復を」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、日韓関係について今後の関係修復を提言する。*  *  * 韓国政府が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効6時間前に「終了延長」を発表した。 これによって、日米韓の「軍事同盟」の象徴は、ギリギリのタイミングで当面は維持されることになった。 韓国がGSOM...

  • 田原総一朗「安倍首相の説明一転 昭恵夫人の関与も明らかに」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、「桜を見る会」をめぐる一連の疑惑に厳しい見方を示す。*  *  *。 いま問題になっている、首相が主催する「桜を見る会」だが、前回も記したように、政府が公表している開催要領によると、招待範囲は、皇族、元皇族、各国大使、衆参両院の正副議長、最高裁長官、閣僚、国会議員、...

  • 田原総一朗「同情できぬ税金の私物化 野党はどこまで追及できるか」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は「桜を見る会」問題について「あまりにもわかりやすい」という。*  *  * 政府は、来年度の「桜を見る会」を中止する、と13日に発表した。 首相が主催する「桜を見る会」は、1952年に始まり、ほぼ毎年4月に新宿御苑(東京)で開かれてきた。 初回の52年は自民党が結党さ...

  • 田原総一朗「閣僚の愚行でガタガタの安倍内閣が続く情けない理由」

    ギロン堂 週刊朝日

     ジャーナリストの田原総一朗氏は、相次ぐ閣僚の辞任、失言に安倍内閣の緊張感のなさを指摘する。*  *  *“政治とカネ”を巡る問題で、菅原一秀経済産業相と、河井克行法相が相次いで辞任した。 菅原氏は、選挙区の有権者に贈答品を配っていた疑惑で野党から集中砲火を浴びていたのだが、...

おすすめの記事おすすめの記事