帯津良一〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

帯津良一

このエントリーをはてなブックマークに追加
帯津良一

帯津良一

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「死を生きる」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

  • NEW

    少ないと脳機能の低下も コレステロールは本当に悪者なのか?

    「健脳」養生法――死ぬまでボケない 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のテーマは「脂質異常症」。*  *  *【ポイント】(1)コレステロールは本当に悪者なのか(2)がん治療にとっては悪者...

  • 認知症予防は“ほろ酔いでハグ”が効果的? 帯津良一の考え方

    「健脳」養生法――死ぬまでボケない 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のテーマは「酒とハグ」。*  *  *【ポイント】(1)適量の飲酒は認知症発症を軽減する(2)注目されるポリフェノール...

  • 魚食が“健脳”につながる理由を“養生”帯津先生が明かす

    「健脳」養生法――死ぬまでボケない 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のテーマは「食養生」。*  *  *【ポイント】(1)健脳につながる食養生とはどんなものか(2)魚介類に多く含まれるn...

  • 旅情に浸ることがボケ防止に? 帯津良一が実践する深い理由

    「健脳」養生法――死ぬまでボケない 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のテーマは「凜として老いる」。*  *  *【ポイント】(1) 誰もが抱いている生きるかなしみ(2) 私たちは虚空に向...

  • イメージは星の王子さま? 認知症予防に有効なリズミカル歩行

    「健脳」養生法――死ぬまでボケない 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のテーマは「凜として老いる」。*  *  *【ポイント】(1)死ぬまでボケないために凜として老いる(2)凜として老いる...