AERA dot.

帯津良一

このエントリーをはてなブックマークに追加
帯津良一

帯津良一

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「死を生きる」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

  • NEW

    人は陽が少なく、陰が多い? 陰陽に基づく漢方医学の源流とは

    週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。貝原益軒の『養生訓』を元に自身の“養生訓”を明かす。*  *  *【貝原益軒養生訓】(巻第二の68)天地の理、陽は一、陰は二也。水は多く火は少し。水はかはきがた...

  • 無用な言葉はストレスの元? 誰でもできる“心を静かにする方法”

    週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。貝原益軒の『養生訓』を元に自身の“養生訓”を明かす。*  *  *【貝原益軒養生訓】(巻第二の43)心をつねに従容(しょうよう)としづかにせはしからず、和平なる...

  • 「“腎臓”が寿命を決める」は本当? 帯津良一医師の意見は…

    週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。貝原益軒の『養生訓』を元に自身の“養生訓”を明かす。*  *  *【貝原益軒養生訓】(巻第七の53)腎は下部にあつて五臓六腑の根(ね)とす。腎気、虚すれば一身の...

  • 1日3食は必要なし 江戸時代にもあった「糖質制限」のすすめ

    週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。帯津氏が、貝原益軒の『養生訓』を元に自身の“養生訓”を明かす。*  *  *【貝原益軒養生訓】(巻第三の27)朝食いまだ消化せずんば、昼食すべからず。点心(てん...

  • 日本の薬は少ない!? 中国で漢方薬がたくさん処方されるワケ

    週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。帯津氏が、貝原益軒の『養生訓』を元に自身の“養生訓”を明かす。*  *  *【貝原益軒養生訓】(巻第七の11)中夏(ちゅうか)の人、煎湯の水を用る事少く、薬一服...