帯津良一〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

帯津良一

このエントリーをはてなブックマークに追加
帯津良一

帯津良一

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

  • NEW

    「稼げるまでは稼ぐ」が養生の道 100歳までナイスに過ごす方法

    ナイス・エイジングのすすめ 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「日銭を稼ごう」。*  *  *【ポイント】(1)子どものころから、お金には執着...

  • 老化はマイナスよりプラスを楽しむ! 帯津良一が説く老いの利点

    ナイス・エイジングのすすめ 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「老化のプラスを楽しむ」。*  *  *【ポイント】(1)老化はマイナス、しかし...

  • 老後も自分の足で歩く! そのために大切なこととは?

    ナイス・エイジングのすすめ 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「ずっと歩けるように」。*  *  *【ポイント】(1)老化には歩けなくなるリス...

  • 死後の世界は存在する? 帯津良一「ある」と決めた深いワケ

    ナイス・エイジングのすすめ 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「死後の世界について」。*  *  *【ポイント】(1)死後の世界を「ある」と思...

  • 死を前に倒れた先にいてほしいのは…帯津医師がすすめる明るい“死のイメトレ”

    ナイス・エイジングのすすめ 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。老化に身を任せながら、よりよく老いる「ナイス・エイジング」を説く。今回のテーマは「死に対して親しみを」。*  *  *【ポイント】(1)いつの日か死ぬことを前提...