帯津良一〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

帯津良一

このエントリーをはてなブックマークに追加
帯津良一

帯津良一

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「貝原益軒 養生訓 最後まで生きる極意」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

  • NEW

    江戸時代の“イメージ療法”が認知症予防に? 帯津医師が解説

    「健脳」養生法――死ぬまでボケない 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のテーマは「イメージの力」。*  *  *【ポイント】(1)がん治療にイメージ療法がプラスになる(2)白隠禅師の「軟酥...

  • なぜ“ストレスに感謝”? 帯津医師が「悪くない」という理由

    「健脳」養生法――死ぬまでボケない 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のタイトルは「ストレスはありがたきもの」。*  *  *【ポイント】(1)ストレスは人生には付き物で悪くない(2)問題...

  • 口の乱れが脳にも影響? 帯津医師が注目「オーラル・エコロジー」

    「健脳」養生法――死ぬまでボケない 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のテーマは「オーラル・エコロジー」。*  *  *【ポイント】(1)口の中の細菌の生態系が乱れてトラブルが(2)歯周病...

  • 親指を刺激すると脳が活性化? 手と認知症の関係 

    「健脳」養生法――死ぬまでボケない 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のタイトルは「手指を刺激しよう」。*  *  *【ポイント】(1)手は脳と密接につながっている(2)手指に刺激を与える...

  • 老眼回復に即効性あり? 帯津医師がすすめる「四四運目法」とは

    「健脳」養生法――死ぬまでボケない 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のタイトルは「目の老化について」。*  *  *【ポイント】(1)目の老化は認知機能に影響を与える(2)目に直接、働き...