帯津良一〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

帯津良一

このエントリーをはてなブックマークに追加
帯津良一

帯津良一

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「死を生きる」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

  • NEW

    認知症の予防にも有効!? 免疫力と自然治癒力の力

    「健脳」養生法――死ぬまでボケない 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。今回のテーマは「認知症を予防するためには」。*  *  *【ポイント】(1) 認知症は人間まるごとに関わる老化現象である(...

  • がん患者の60%以上が“がんサバイバー”の時代 次に驚異となるのは?

    「健脳」養生法――死ぬまでボケない 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。死ぬまでボケない「健脳」養生法を説く。連載初回のテーマは「目指すは健康長寿の人生」。*  *  *【ポイント】(1) がんになっても健康寿命をまっとうできる(2...

  • 薬のせいで病気がひどくなる? 人間の持つ自然治癒力とは

    貝原益軒 養生訓 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。貝原益軒の『養生訓』を元に自身の“養生訓”を明かす。*  *  *【貝原益軒 養生訓】(巻第七の6)薬をのまずして、おのづからいゆる病多し。是をしらで、みだりに...

  • 気の正体とは何か 帯津先生の答えに本場・中国の学生も納得

    貝原益軒 養生訓 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。貝原益軒の『養生訓』を元に自身の“養生訓”を明かす。*  *  *【貝原益軒 養生訓】(巻第一の8)人の元気は、もと是(これ)天地の万物を生ずる気なり。是人身の...

  • こだわらない人の方が元気? 『養生訓』の教えとは

    貝原益軒 養生訓 週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。貝原益軒の『養生訓』を元に自身の“養生訓”を明かす。*  *  *【貝原益軒 養生訓】(巻第二の36)凡(すべて)の事十分によからんことを求むれば、わが心のわづ...