AERA dot. 5th anniversary

帯津良一

このエントリーをはてなブックマークに追加
帯津良一

帯津良一

帯津良一(おびつ・りょういち)/1936年生まれ。東京大学医学部卒。帯津三敬病院名誉院長。西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱。「死を生きる」(朝日新聞出版)など多数の著書がある

  • NEW

    「医者が守るべきこと」とは? 才能ない子に医者を継がせない

    週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。帯津氏が、貝原益軒の『養生訓』を元に自身の“養生訓”を明かす。*  *  *【貝原益軒養生訓】(巻第六の30)医の子孫、相つづきて其才を生れ付(つき)たらば、世...

  • 朝粥はいいことだらけ! 道元が考えた「10の効用」

    週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。帯津氏が、貝原益軒の「養生訓」を元に自身の“養生訓”を明かす。*  *  *【貝原益軒養生訓】(巻第三の66)朝早く、粥(かゆ)を温(あたたか)に、やはらかにし...

  • 肺がん手術も鍼麻酔で 帯津良一が語る鍼と灸の効果

    週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。帯津氏が、貝原益軒の『養生訓』を元に自身の“養生訓”を明かす。*  *  *【貝原益軒養生訓】(巻第八の31)鍼(はり)をさす事はいかん。曰(いわく)、鍼をさす...

  • 帯津良一「東洋医学のあり方が西洋医学の限界を超える」

    週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。帯津氏が、貝原益軒の『養生訓』を元に自身の“養生訓”を明かす。*  *  *【貝原益軒養生訓】(巻第一の40)俗人は、慾をほしゐままにして、礼儀にそむき(中略)...

  • “理想の睡眠8時間”は根拠なし? 睡眠を少なくすることが養生の道…

    週刊朝日

     西洋医学だけでなく、さまざまな療法でがんに立ち向かい、人間をまるごととらえるホリスティック医学を提唱する帯津良一(おびつ・りょういち)氏。貝原益軒の『養生訓』を元に自身の“養生訓”を明かす。*  *  *【貝原益軒 養生訓】(巻第一の28)いにしへの人、三慾を忍ぶ事をいへり。三慾とは、飲食の欲、色...