松本秀男〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

松本秀男

このエントリーをはてなブックマークに追加
松本秀男

松本秀男

松本秀男(まつもとひでお)/医師。専門はスポーツ医学。1954年生まれ。東京都出身。1978年、慶応義塾大学医学部卒。2009年から2019年3月まで、慶応義塾大学スポーツ医学総合センター診療部長、教授。トップアスリートも含め多くのアスリートたちの選手生命を救ってきた。日本整形外科スポーツ医学会理事長、日本臨床スポーツ医学会副理事長、日本スポーツ医学財団理事長。

  • NEW

    チームの勝敗や選手生命に関わる決断をする帯同ドクター どんな医師がなっている?

    スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座 dot.

     世界の頂点を目指し、国際大会に参加するスポーツ選手たちのそばには、遠征に一緒に参加して彼らの健康管理や競技レベル向上をサポートするスポーツドクターの存在があります。今回はそんな帯同スポーツドクターがいったいどんな仕事をしているのか、どんな人が選ばれているのかについて、日本整形外科スポーツ医学会理事...

  • ラグビーの試合中に「脳しんとう」 スポーツ医が危険を見極めるビデオ判定システムとは?

    スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座 dot.

     いよいよ日本でラグビーワールドカップ2019が開幕しました。鍛え上げられた屈強な選手たちのパワフルでスピード感あふれるプレーは、多くのファンを魅了してやみません。しかし、その一方で常にからだとからだが激しく衝突し合うラグビーは、けがが多いスポーツの代表格。骨折や捻挫のみならず、ときに命に関わる重大...

  • ドクターストップだけじゃない アスリートを陰で支える「スポーツドクター」の役割とは?

    スポーツ医が語る「スポーツ×医療」まるわかり講座 dot.

     2020年の東京五輪・パラリンピックを控え、国民のスポーツへの関心が高まっています。アスリートを支える裏方に、スポーツドクターという存在があることをご存じでしょうか? 連載「スポーツ医が語る『スポーツ×医療』まるわかり講座」では、スポーツ医学やスポーツドクターにまつわるさまざまな話を、...

おすすめの記事おすすめの記事