東尾修〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

東尾修

このエントリーをはてなブックマークに追加
東尾修

東尾修

東尾修(ひがしお・おさむ)/1950年生まれ。69年に西鉄ライオンズに入団し、西武時代までライオンズのエースとして活躍。通算251勝247敗23セーブ。与死球165は歴代最多。西武監督時代(95~2001年)に2度リーグ優勝。

  • NEW

    東尾修が盗塁王・金子侑に「3連覇のキーマン。勝負の1年」と期待

    ときどきビーンボール 週刊朝日

     西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、古巣・西武の金子侑選手に期待を寄せる。*  *  * プロ野球は11月26日にNPBアワーズが開かれ、今年の一つの節目というか、終わりを告げることになった。古巣の西武からベストナインが5人か。MVPも獲得した森友哉が首位打者、ベストナインとなった...

  • 「500万円を自分で払うから」東尾修が明かす「契約更改」昔と今

    ときどきビーンボール 週刊朝日

     細分化されるプロ野球選手の査定。西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、その評価軸について持論を語る。*  *  * 野球はすべての公式の試合行事が終わり、さらに秋季キャンプも各球団で打ち上げた。これからは契約更改交渉がクローズアップされる時期になった。 その契約更改。難しいのは、査定...

  • 日本の野球は今後どうなる? 東尾修「世界各国の才能を集める時代」

    ときどきビーンボール 週刊朝日

     西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏は、国際化の時代に日本の野球界がどう成長していくべきかを説く。*  *  * 前回のコラムで、野球の国際大会であるプレミア12の大会形式の複雑さ、1次ラウンドがメキシコ、台湾、韓国で行われたことで、大会序盤の盛り上がりを心配した。だが、ようやく日本で...

  • 野球の国際大会「プレミア12」は物足りない? 東尾修が提案

    ときどきビーンボール 週刊朝日

     西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏が、現在行われている野球の国際大会について語る。*  *  * 野球の国際大会であるプレミア12が始まった。世界野球ソフトボール連盟(WBSC)主催のこの大会は2回目だが、前回とは少し違った形式となっている。 前回は出場12チームを二つのグループに分...

  • 佐々木朗希を日本一の選手へ ロッテの「責任とプレッシャー」

    ときどきビーンボール 週刊朝日

     来シーズンに向けて動き始めたプロ野球。西武ライオンズの元エースで監督経験もある東尾修氏が、変化する新人育成について語る。*  *  * ロッテからドラフト1位指名を受けた大船渡高の佐々木朗希投手への指名あいさつが10月29日にあった。井口監督から「日本一の投手になるために、体作りからしっかりやって...

おすすめの記事おすすめの記事