AERA dot. 5th anniversary

東浩紀

このエントリーをはてなブックマークに追加
東浩紀

東浩紀

東浩紀(あずま・ひろき)/1971年、東京都生まれ。批評家・作家。株式会社ゲンロン代表。東京大学大学院博士課程修了。専門は現代思想、表象文化論、情報社会論。93年に批評家としてデビュー、東京工業大学特任教授、早稲田大学教授など歴任のうえ現職。著書に『動物化するポストモダン』『一般意志2・0』『観光客の哲学』など多数

  • NEW

    東浩紀「リベラルは結局、『歴史』を積み上げられなかった」

    AERA

     批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  * 9月28日、民進党が希望の党への合流を決め、事実上解体した。10月3日には合流を拒否するリベラル派が新党を結成した。前身の民主党から数えれば20年以上の歴史をもち、衆...

  • 東浩紀「スジの通らない選挙で 自民が勝つしかない不幸」

    AERA

     批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  * 9月末衆院解散、10月下旬総選挙が噂されている。連休前に観測気球の報道が出始め、あれよあれよというまに現実となった。9月25日に首相が記者会見で正式に表明するという。...

  • 東浩紀「真相究明で名誉を回復 その過程重視する韓国と日本の違い」

    AERA

     批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  * 8月末から1週間、韓国に滞在した。韓国南部の都市、光州で2年に一度開かれる現代美術の祭典、光州ビエンナーレに協力することになり、打ち合わせに招かれたのである。 光州は...

  • 東浩紀「デモの敵は民衆 米国で進む民主主義の深刻な危機」

    AERA

     批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  * 去る8月12日、米バージニア州シャーロッツビルでヘイトデモとカウンターデモの衝突が起きた。白人至上主義者が同市に集結、それに抗議するリベラル側市民も集結し、大規模な衝...

  • 東浩紀「焼け跡が原風景の小松左京 政治家と官僚は『日本沈没』読んで襟正せ」

    AERA

     批評家の東浩紀さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、批評的視点からアプローチします。*  *  * 去る7月26日は、小松左京の七回忌だった。 小松は1931年生まれ。高度経済成長期に活躍した、日本を代表するSF作家である。『復活の日』『日本沈没』などのベストセラー...