第1409回 王子様的存在の「らん丸」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第1409回 王子様的存在の「らん丸」

バックナンバー

らん丸(高木さん提供)

らん丸(高木さん提供)

 子供の頃から犬や猫、小鳥に金魚などペットに囲まれていた私。結婚してからも犬を飼いたいと思っていたが、正社員で働く私に犬の世話は無理だろうと諦めていた。

 しかし、仕事をやめ専業主婦に。年齢的にも「今しかない!」と犬を飼うことにした。

「黒柴を飼いたい」と言う私に、夫が柴犬の特性や、柴犬についてのブログなど様々な情報を提供してくれた。見た目はかわいい柴犬だが、実は難しい面もあると知った夫が心配してくれたのだ。

 娘とネットを見たりペットショップを巡ったりしたところ、2年前の4月に凜々しい黒柴に出会ってしまった。

 そして考えに考えた末、迎えたのが「らん丸」(写真、雄、2歳)。夜鳴きもせず、すぐにわが家になじんでくれた。

 迎えてから1週間、あまり鳴かないらん丸がぎゃんぎゃん騒ぐので見に行くと、なんと脱肛してしまっている! 慌てて獣医さんに駆け込んだ。

 そんならん丸も今では逞しく育ち、体重は10キロオーバーのぽっちゃりボディーに。わが家では王子様的存在になっている。

 らん丸は人にもわんちゃんにもフレンドリーで、「柴犬なのに珍しいね」と言われるほどのかまってちゃん。散歩中にすれ違う人たちにロックオン。その場に座り込み、話しかけてもらうまで動かなくなってしまう。

 私たちの食事中には、夫の腕を前脚でチョンチョンして催促、じっと見つめる……。そんなことされると、ついあげたくなっちゃうじゃないのよ。

 かわいいけれど、まだまだ躾が必要な面もたくさんある。

 これからも一緒に成長していこうね。だって、わが家に来たのは運命だから。

(高木ますみさん/静岡県/52歳/主婦)

【原稿募集中!】
「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。
原稿は800文字程度で、ペットのお写真を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。
必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。
尚、掲載は本コーナーと「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。
mypet@asahi.com
※著作権は本社に帰属します


(更新 2021/2/ 4 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい