第1058回 人生のお手本、2匹のニャンコ先生

2014/01/09 11:09

 わが家のニャンコ先生こと、こまめとよもぎ。こまめは10歳のお兄ちゃん(写真上)、よもぎは8歳の妹(同下)。私にとって2匹は人生の先生なのである。
 それぞれ、保護した時は手のひらにのるくらい小さく、こまめは台風の翌日、道路でうずくまっているのを散歩中に発見した。
 目は開かず、鼻は詰まり、毛並みもガサガサ。獣医さんによると、あと一歩で命が危なかったらしい。元気になると今度は一日中いたずらばかり。「困ったこまちゃん」というあだ名がつくほどで、調子に乗って、ガスの元栓をかじる始末。この時は一番ヒヤヒヤした。
 よもぎは草むらの中に、紙袋に入れられて捨てられていた。普段通らないその道を車でゆっくり走っていたら、ミャーミャーとけたたましい声が聞こえた。車から降りると、170グラムの小さな体でよろめきながら泣き叫んでいる子猫がいた。
 体がノミだらけだったので、毎日ノミ取りに悪戦苦闘した。さらに、小食でなかなか食べず、だいぶ大人になるまで私の手から缶詰を食べさせたりして、甘やかして育ててしまった。
 お日様の当たる場所でおなかを出して寝る2匹。
「こまめは賢いね。人間だったらきっと研究者だね」
「ニャ」
「よもぎは小顔でスマートだから読者モデルかな?」
「ウンニャ!」
 こんな会話をしつつ、小さな幸せを感じる。
 先のことを考えてくよくよしない、無理に人に合わせずマイペース、マイペース。そして毎日を精いっぱい生きる──ニャンコ先生たちの行動は私のお手本だ。
 と言っているそばから2匹の激しい取っ組み合いが始まった。クローゼットに追いつめるこまめ、逃げるよもぎ。
「やめなさーい!」と私の声が今日も響き渡る。

あわせて読みたい

  • 第1111回 遊んで、甘えて、元気を運ぶマメとアヤ

    第1111回 遊んで、甘えて、元気を運ぶマメとアヤ

    週刊朝日

    1/29

    第1186回 帰宅時に出迎えてくれる3兄妹

    第1186回 帰宅時に出迎えてくれる3兄妹

    週刊朝日

    7/28

  • 第1074回 犬派からすっかり猫派に転向

    第1074回 犬派からすっかり猫派に転向

    週刊朝日

    5/1

    第1190回 試行錯誤が続く「ふく」との距離

    第1190回 試行錯誤が続く「ふく」との距離

    週刊朝日

    8/25

  • 第1043回 娘と孫が拾ってきた2匹の猫

    第1043回 娘と孫が拾ってきた2匹の猫

    週刊朝日

    9/19

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す