【先ヨミ】JO1『KIZUNA』がAL首位走行中 ATEEZ/マンウィズが続く

2022/05/26 19:03

【先ヨミ】JO1『KIZUNA』がAL首位走行中 ATEEZ/マンウィズが続く
【先ヨミ】JO1『KIZUNA』がAL首位走行中 ATEEZ/マンウィズが続く


 今週のCDアルバム売上レポートから2022年5月23日~5月25日の集計が明らかとなり、JO1の『KIZUNA』が278,575枚を売り上げて首位を走っている。
 『KIZUNA』は、JO1の約1年半ぶりとなる2ndアルバムで、全5形態(初回限定盤A、初回限定盤B、通常盤、アニメ盤、FC限定盤)でリリースされた。本作は初動3日間で278,575枚を売り上げており、2位以下に24万枚以上の差をつけて首位を独走している。
 2位にはATEEZの2作目となる日本向けミニアルバム『BEYOND:ZERO』が、29,973枚を売り上げて登場。日本オリジナルの新曲「The King」を含む全7曲が収録されている。続いて、MAN WITH A MISSIONの7thアルバム『Break and Cross the Walls II』が3位を走行中だ。同作は、2021年11月にリリースされた6thアルバム『Break and Cross the Walls I』と対になる“連続アルバム”で、全14曲が収録されている。
 4位にはNissy(西島隆弘)の3rdアルバム『HOCUS POCUS 3』が続く。新曲とボーナストラックを含む全11曲入りのCDに加え、メイキング映像やドキュメンタリーが収録されたDVD / Blu-rayが付属する。そして5位には、6月5日のライブを最後に解散することを発表しているprediaの“ラスト・ベスト・アルバム”『DIAMOND』が登場している。
 
◎Billboard JAPAN アルバムセールス集計速報
(集計期間:2022年5月23日~5月25日)
1位『KIZUNA』JO1(278,575枚)
2位『BEYOND:ZERO』ATEEZ(29,973枚)
3位『Break and Cross the Walls II』MAN WITH A MISSION(26,658枚)
4位『HOCUS POCUS 3』Nissy(西島隆弘)(12,843枚)
5位『DIAMOND』predia(6,203枚)
※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。 

あわせて読みたい

  • 【ビルボード】JO1『KIZUNA』が初週30万枚を売り上げてアルバム・セールス首位

    【ビルボード】JO1『KIZUNA』が初週30万枚を売り上げてアルバム・セールス首位

    Billboard JAPAN

    5/30

    【ビルボード】JO1『KIZUNA』が総合アルバム首位 マンウィズ/ATEEZが続く

    【ビルボード】JO1『KIZUNA』が総合アルバム首位 マンウィズ/ATEEZが続く

    Billboard JAPAN

    6/1

  • 【先ヨミ・デジタル】JO1『KIZUNA』が現在DLアルバム首位 マンウィズが2位を走行中

    【先ヨミ・デジタル】JO1『KIZUNA』が現在DLアルバム首位 マンウィズが2位を走行中

    Billboard JAPAN

    5/27

    【ビルボード】JO1『KIZUNA』、自身初のDLアルバム首位

    【ビルボード】JO1『KIZUNA』、自身初のDLアルバム首位

    Billboard JAPAN

    6/1

  • 【先ヨミ】NCT DREAM『Beatbox』がAL首位走行中 SKE48 Team S/Sexy Zoneが続く

    【先ヨミ】NCT DREAM『Beatbox』がAL首位走行中 SKE48 Team S/Sexy Zoneが続く

    Billboard JAPAN

    6/9

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す