松本隆のトリビュートアルバムにB'zの「セクシャルバイオレットNo.1」カバー収録

2021/06/15 14:54

松本隆のトリビュートアルバムにB'zの「セクシャルバイオレットNo.1」カバー収録
松本隆のトリビュートアルバムにB'zの「セクシャルバイオレットNo.1」カバー収録


 7月14日にリリースされる松本隆のトリビュートアルバム『風街に連れてって!』にB'zが参加することが決定した。
 B'zは1979年にリリースされた桑名正博の「セクシャルバイオレットNo.1」をカバー。B'zがカバー曲を発表するのは16年ぶりとなる。
 アルバムのプロデューサー亀田誠治は、B’zに直接手紙を書き、アルバムへの参加をオファー。松本孝弘(B'z)は結成前の20代前半に桑名のバックバンドに在籍し、「セクシャルバイオレットNo.1」を演奏していたという。
 発表とあわせてアルバムのジャケット写真も公開され、いよいよその全貌が明らかになった松本隆トリビュートアルバム。世代を超えた日本を代表するアーティストたちが、レジェンド作詞家・松本隆の50周年を祝う超豪華なアルバムの発売が待たれる。
◎松本孝弘(B'z)コメント
長きに渡り素晴らしい作品の数々を提供されている松本隆さんのトリビュートアルバムに参加させて頂いた事を誇りに思います。松本さんの作品が僕の音楽のルーツにある事は間違いありません。
そしてこの様な貴重な機会を与えて下さったプロデューサーの亀田さんに感謝しています。 20代前半から数年間、僕は桑名さんのバンドでギターを弾かせて頂きました。勿論この曲は何度も演奏しました。
改めてまたこの様なチャンスが巡ってきたのはきっと縁ですね。兄貴もきっと天国で喜んでくれている事でしょう。 今作は、リアルタイムで松本さんの歌詞の世界に触れられた世代のみならず、若い世代にも是非触れて頂きたいと思います。
◎稲葉浩志(B'z) コメント
個人的には松本隆さんの歌詞は「都会」「大人」のイメージがあり憧れの世界でした。 まさか自分が「セクシャルバイオレットNo.1」という歌詞をこんなに歌いまくれる日がくるとは思いませんでした。
今回は亀田さんのゴージャスなアレンジで楽しくやらせていただきました。
◎リリース情報
アルバム『風街に連れてって!』
2021/7/14 RELEASE
<初回限定生産盤>CD+LP+特典本「100%松本隆」
COZP-1747/8 11,000円(tax in.)
<通常盤>CD
COCP-41453 3,300円(tax in.)
<収録曲>
1.夏色のおもいで / 吉岡聖恵
2.君は天然色 / 川崎鷹也
3.SWEET MEMORIES / 幾田りら
4.SEPTEMBER / 宮本浩次
5.Woman“Wの悲劇”より / 池田エライザ
6.セクシャルバイオレットNo.1 / B’z
7.スローなブギにしてくれ(I want you) / GLIM SPANKY
8.キャンディ / 三浦大知
9.風の谷のナウシカ / Daoko
10.ルビーの指環 / 横山剣(クレイジーケンバンド)
11.風をあつめて / MAYU・manaka・アサヒ(Little Glee Monster)

あわせて読みたい

  • 【ビルボード】BTS『Butter』が総合アルバム首位 22/7/GENERATIONSが続く

    【ビルボード】BTS『Butter』が総合アルバム首位 22/7/GENERATIONSが続く

    Billboard JAPAN

    7/21

    松本隆のトリビュートAL特典本『100%松本隆』森七菜のグラビア、松田聖子からの手紙、50年の歴史解説など掲載

    松本隆のトリビュートAL特典本『100%松本隆』森七菜のグラビア、松田聖子からの手紙、50年の歴史解説など掲載

    Billboard JAPAN

    5/21

  • 松本 隆のトリビュートアルバム、池田エライザの歌唱映像公開 GLIM SPANKY、Daoko、三浦大知、宮本浩次も参加

    松本 隆のトリビュートアルバム、池田エライザの歌唱映像公開 GLIM SPANKY、Daoko、三浦大知、宮本浩次も参加

    Billboard JAPAN

    4/7

    つんく♂×松本隆が初タッグ!「クミコ with 風街レビュー」第2弾シングルに参加

    つんく♂×松本隆が初タッグ!「クミコ with 風街レビュー」第2弾シングルに参加

    Billboard JAPAN

    2/27

  • 松本隆トリビュートアルバムに幾田りら、川崎鷹也、横山剣、吉岡聖恵、リトグリ参加

    松本隆トリビュートアルバムに幾田りら、川崎鷹也、横山剣、吉岡聖恵、リトグリ参加

    Billboard JAPAN

    4/30

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す