【ビルボード】KOICHI DOMOTO『PLAYFUL』が総合アルバム首位 CYaRon!/?永英明が続く 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】KOICHI DOMOTO『PLAYFUL』が総合アルバム首位 CYaRon!/?永英明が続く

Billboard JAPAN
【ビルボード】KOICHI DOMOTO『PLAYFUL』が総合アルバム首位 CYaRon!/?永英明が続く

【ビルボード】KOICHI DOMOTO『PLAYFUL』が総合アルバム首位 CYaRon!/?永英明が続く


 2021年6月9日公開(集計期間:2021年5月31日~6月6日)の総合アルバム・チャート“HOT Albums”でKOICHI DOMOTOの『PLAYFUL』が総合首位を獲得した。

 本作は堂本光一にとって約6年ぶりとなるオリジナル・アルバムであり、堂本光一が今考える、遊び心あふれる音楽・映像を詰め込んだエンターテイメント・アルバムだ。CDセールスは当週108,699枚を売り上げて1位、そしてルックアップも1位と計2冠で総合アルバム首位となった。

 総合2位には、CYaRon!の1stアルバム『ある日…永遠みたいに!』がチャートイン。CDセールスは11,763枚で2位、ダウンロード数は554DLで10位、ルックアップは11位を記録している。そして総合3位には?永英明の4年ぶりのフル・アルバムとなる『LOVE PERSON』がチャートイン。特にCDセールスの指標が高く、8,491枚を売り上げて3位を記録している。?永英明は6月11日にテレビ朝日『ミュージックステーション』に出演する予定だ。

 総合4位にチャートインしているthe GazettEの『MASS』は5月26日にCDでリリースされたが、6月2日から配信スタートしたことにより、ダウンロード数1,792DLで1位を記録している。トップ10でそのほか初登場しているのは、デビュー15周年を記念した手嶌葵のベスト・アルバム『Simple is best』(総合7位)、和楽器バンドの新EP『Starlight』(総合8位)の計2作品。『Starlight』は5月31日に配信され、1,342DLでダウンロード指標2位を記録している。本作は6月9日にCDリリースを迎えた。

 11位以下の動きでは、クイーンの『ボヘミアン・ラプソディ(オリジナル・サウンドトラック)』が前週100位圏外から大きく上昇して総合12位にチャートインしており、特にダウンロード数は900DLで5位を記録している。これは、映画『ボヘミアン・ラプソディ』が6月4日に日本テレビ系『金曜ロードショー』にて地上波初放送されたためと考えられる。


◎【HOT Albums】トップ10
1位『PLAYFUL』KOICHI DOMOTO
2位『ある日…永遠みたいに!』CYaRon!
3位『LOVE PERSON』?永英明
4位『MASS』the GazettE
5位『鬼滅の刃 竈門炭治郎 立志編 オリジナルサウンドトラック』
6位『THE BOOK』YOASOBI
7位『Simple is best』手嶌葵
8位『Starlight』和楽器バンド
9位『LADYBUG』LiSA
10位『STRAY SHEEP』米津玄師


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい