【ビルボード 2021年上半期Download Albums】YOASOBI『THE BOOK』が首位に、宇多田ヒカル『One Last Kiss』が続く 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード 2021年上半期Download Albums】YOASOBI『THE BOOK』が首位に、宇多田ヒカル『One Last Kiss』が続く

Billboard JAPAN
【ビルボード 2021年上半期Download Albums】YOASOBI『THE BOOK』が首位に、宇多田ヒカル『One Last Kiss』が続く

【ビルボード 2021年上半期Download Albums】YOASOBI『THE BOOK』が首位に、宇多田ヒカル『One Last Kiss』が続く


 2021年上半期Billboard JAPANダウンロード・アルバム・チャート“Download Albums”で、YOASOBIの『THE BOOK』が首位を獲得した。

 本作は、2021年1月6日にリリースされたYOASOBIの1stEPだ。2020年の『NHK紅白歌合戦』出場も話題となり、初週ダウンロード数は10,069DLで首位デビュー。翌週も8,689DLで首位を飾るなど、上半期チャートの集計期間中に通算10度の首位を獲得というロングヒットとなり、2021年上半期ダウンロード・アルバム・チャートを制した。

 続く2位は宇多田ヒカル『One Last Kiss』。本作は、映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』に書き下ろした新曲「One Last Kiss」を含む、これまでに『エヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズに提供した楽曲が全て収録されたアルバムだ。3月10日にリリースされると、2021年に入ってからリリースされたアルバムの中で、最も多いダウンロード数となる19,760DLでダウンロード・アルバム首位に。その後も3週連続で首位を獲得し、集計期間中トップ15圏内をキープし続け、上半期2位を獲得した。

 そして3位はBTS『BE』がチャートイン。2020年11月に“コロナ禍で大きく変わってしまった日常においても、僕たちの日常は続く”という思いを込めてリリースされたアルバムだ。2020年11月に世界同時リリースされると、米Billboardチャートでは『BE』がアルバム・チャート首位、シングル「Life Goes On」もHot 100で首位、かつArtist 100でも13週目の首位を獲得し、3チャートを制するという記録を達成。3チャートで同時に1位を獲得した初のグループとして、話題となった。


◎【2021年上半期JAPAN Download Albums】トップ10
1位『THE BOOK』YOASOBI
2位『One Last Kiss』宇多田ヒカル
3位『BE』BTS
4位『STRAY SHEEP』米津玄師
5位『This is 嵐』嵐
6位『ROMANCE』宮本浩次
7位『HELP EVER HURT NEVER』藤井 風
8位『創作』ヨルシカ
9位『Walpurgis』Aimer
10位『SOUNDTRACKS』Mr.Children

集計期間:2020年11月23日(月)~2021年5月23日(日)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい