元カサビアンのトム・ミーガン、元婚約者への暴行罪で有罪に 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

元カサビアンのトム・ミーガン、元婚約者への暴行罪で有罪に

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
元カサビアンのトム・ミーガン、元婚約者への暴行罪で有罪に

元カサビアンのトム・ミーガン、元婚約者への暴行罪で有罪に


 現地時間2020年7月7日、カサビアンの元フロントマンのトム・ミーガンが、元婚約者を暴行した罪を認め、英レスター治安裁判所から200時間の社会奉仕活動を命じられた。彼は、この前日にカサビアンを脱退しており、バンドは声明でトムが長年「個人的な問題」に悩まされてきたと説明していた。

 法廷で暴行現場を捉えた有線テレビ映像が流れると、現在39歳のミーガンは目のあたりをぬぐい、頭を抱え込んだそうだ。彼の弁護士ミシェル・ヒーリーは「彼は失望させてしまった全ての人々に対して深くお詫びし、自身の問題ある行動に自ら取り組むことを求めています」と法廷で述べている。

 1997年にイギリス・レスターで結成されたカサビアンは、2004年にセルフ・タイトル・デビュー作を発表した。バンドはこれまでに6枚のアルバムをリリースし、【グラストンベリー・フェスティバル】など様々な音楽フェスティバルのヘッドライナーを務めている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい