『12月17日はなんの日?』飛行機の日、自らジェット機を操る最強フロントマンとは 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『12月17日はなんの日?』飛行機の日、自らジェット機を操る最強フロントマンとは

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『12月17日はなんの日?』飛行機の日、自らジェット機を操る最強フロントマンとは

『12月17日はなんの日?』飛行機の日、自らジェット機を操る最強フロントマンとは


 1903年12月17日、アメリカ・ノースカロライナ州のキティホークにおいて、ライト兄弟が有人動力飛行に成功した。これにちなみ、12月17日は「飛行機の日」に制定されている。

 音楽史を振り返ると、過去にはツアー中の飛行機事故により才能あふれるアーティストが命を落とすといった悲劇が度々繰り返されてきた。しかし、現在はトップアーティストがツアーをおこなう際にはプライベートジェットを利用することが定番となり、豪華な機内で優雅に過ごす様子がSNSにアップされることもしばしば。そして、なかにはアーティスト自らジェット機を操りワールドツアーを敢行する強者も。

 イギリス出身の大御所ヘヴィメタル・バンド、アイアン・メイデンのフロントマンであるブルース・ディッキンソンは、過去にアストライオス航空のパイロットを務めていた経歴を持ち、国際線パイロット資格を保有している。バンドのキャラクターである「エディ」と大統領専用機のエア・フォース・ワンをかけたバンドの専用ジェット機「エド・フォース・ワン」を自ら操縦してツアー地に乗り込むアイアン・メイデン。2016年の来日の際にはエド・フォース・ワンが新機体となったこともあり、ファンの間で一段と注目を集めた。今年の北米ツアーの際には同機は使用しなかったものの、ディッキンソンはツアー中に1940年代の爆撃機で飛行する模様を公開し話題に。アイアン・メイデンは来年5月に約4年ぶりの来日公演が決定しているが、エド・フォース・ワンの飛行についてはまだ明らかになっていない。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい