『11月18日はなんの日?』英国パブ・ロック界の雄、グレアム・パーカーの誕生日 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

『11月18日はなんの日?』英国パブ・ロック界の雄、グレアム・パーカーの誕生日

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
『11月18日はなんの日?』英国パブ・ロック界の雄、グレアム・パーカーの誕生日

『11月18日はなんの日?』英国パブ・ロック界の雄、グレアム・パーカーの誕生日


 11月18日は70年代後半の英国ロック・シーンに絶大な影響を与えたシンガー・ソングライター、グレアム(グラハム)・パーカーの69歳の誕生日。

 グレアム・パーカーは1950年11月18日、イギリス・ロンドン生まれ。ビートルズに憧れていたローティーン時代からバンド活動をスタートさせたパーカーは、1975年にグレアム・パーカー&ルーモアを結成。「主よ訊き給うな/Don't Ask Me Questions」「ホワイト・ハニー」といったヒット曲を生み出し、エルヴィス・コステロやジョー・ジャクソンらとともに当時のロック・シーンを牽引する存在に。その後リリースした『スティック・トゥ・ミー』や『スパーク!』は英国内外でもチャートインを果たし高い評価を受けた。

 80年代以降はソロ・アーティストとして米国に拠点を移し、コンスタントにソロ・アルバムをリリースしてきたが、2012年、およそ30年の沈黙を破りグレアム・パーカー&ザ・ルーモアを再結成、新作を発表し話題に。その後はふたたびソロ活動に戻っているが、昨年9月には新バンドを従えた最新作『クラウド・シンボルズ』を発表。そして、5月には名盤『スクイージング・アウト・スパークス』(1979年)の発売40周年を記念して、アコースティック・ギターの弾き語りによるセルフ・カバー作『スクイージング・アウト・スパークス・アコースティック』もリリースするなど、精力的に活動を続けている。パーカーは今月21日より米国内12か所を巡るソロ・アコースティック・ツアーを行なう予定となっている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい