AI、「Baby You Can Cry」が全国5都市のFMラジオ局共同キャンペーンソングに決定 各都市でライブも 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

AI、「Baby You Can Cry」が全国5都市のFMラジオ局共同キャンペーンソングに決定 各都市でライブも

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
AI、「Baby You Can Cry」が全国5都市のFMラジオ局共同キャンペーンソングに決定 各都市でライブも

AI、「Baby You Can Cry」が全国5都市のFMラジオ局共同キャンペーンソングに決定 各都市でライブも


 AIの新曲「Baby You Can Cry」が、J-WAVE(東京)、FM NORTH WAVE(札幌)、ZIP-FM(名古屋)、FM802(大阪)、CROSS FM(福岡)の全国5地区のラジオ構成されるJFL5局共同キャンペーン『JFL presents FOR THE NEXT 2019』のキャンペーンソングに決定した。

 この楽曲は、20周年アニバーサリーイヤー迎えるAIが、自身のバックボーンであるゴスペル音楽、そして敬愛するアーティスト&楽曲へのリスペクトを形にすることをコンセプトに、自分を育んだHIP HOP/R&Bのサンプリングという制作手法を用いての楽曲制作を考え、安室奈美恵の「Baby Don’t Cry」をモチーフ・サンプリングする形で、「Baby You Can Cry」という新たなる“友情ソング”として表現した最新曲。

 デジタルメディアの普及により、地域を問わず数多くの「良質な」音楽が日本全国で生まれている現在。新しい音楽を生み出す次世代のミュージシャンを応援し、新たなミュージックシーンを盛り上げていくことをテーマに掲げた『JFL presents FOR THE NEXTキャンペーン』とAIの最新曲「Baby You Can Cry」で表現した彼女の考える友情や人とのつながりへの想いが合致し、今回のテーマソングに決定。

 同キャンペーンは11月1日よりスタートし、キャンペーンソング「Baby You Can Cry」は、11月1日より各局で大量オンエアされる。さらにAIは全国5都市をめぐるライブツアー【JFL presents LIVE FOR THE NEXT supported by 日本セーフティー】のメインアーティストとして出演し、次世代の音楽シーンを牽引するミュージシャンと対バンする。

 2020年1月26日開催の福岡公演にはiri、2月1日開催の大阪公演にはビッケブランカ、2月2日開催の名古屋公演にはベリーグッドマン、2月16日開催の札幌公演にはSIRUP、2月23日開催の東京公演にはTENDREが、AIとともに出演。

 また、JFL各局が応援する地元のアーティストを紹介する「MUSIC FOR THE NEXT」もスタート。各局のワイド番組にコーナーを設けて新しい音楽に出会う喜びをリスナーに提供する。詳しくはキャンペーン特設サイトにて。


◎『JFL presents FOR THE NEXT 2019』特設サイト


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい