実写版アリエルのハリー・ベイリー、キャスティングに関する批判の声に言及 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

実写版アリエルのハリー・ベイリー、キャスティングに関する批判の声に言及

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
実写版アリエルのハリー・ベイリー、キャスティングに関する批判の声に言及

実写版アリエルのハリー・ベイリー、キャスティングに関する批判の声に言及


 クロイ&ハリーのハリー・ベイリーがディズニーの実写版『リトル・マーメイド』の主役に抜擢された報道が流れてから、キャスティングに関してネット上で批判のコメントが寄せられたが、そのことに関して本人は気にしていないようだ。

 アニメーション版『リトル・マーメイド』の主人公アリエルは白い肌に赤毛の人魚として描かれているが、そのプリンセスを黒人のヘイリーが演じることが決まってから、批判的な声が集まった。しかし、ヴァラエティのインタビューでベイリーは「夢を見ているみたい。私はただ感謝の気持ちでいっぱいだし、ネガティブな意見には注目していない。この役は私よりはるかに大きな存在。とても素敵な作品になると思う。この作品に関われて、すごくワクワクしてる。」と批判に屈しない前向きなコメントを残した。

 また名前が似ているということで女優ハル・ベリーもハリーに祝福のコメントを寄せていたが、そのことについてハリーは「彼女のことは昔からずっと大好き。見た目だけでなく心も美しい方だよね」と答えている。

 いまだ公式発表はされていないが、実写版でアリエルの親友フランダーを『ルーム』のジェイコブ・トレンブレイ、カモメのスカットルを『オーシャンズ8』のオークワフィナが演じ、そしてハリー・スタイルズがエリック王子を演じるため出演交渉に入っていると報道されている。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい