映画『アリー/スター誕生』サントラが米レコード協会よりダブル・プラチナ認定 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

映画『アリー/スター誕生』サントラが米レコード協会よりダブル・プラチナ認定

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
映画『アリー/スター誕生』サントラが米レコード協会よりダブル・プラチナ認定

映画『アリー/スター誕生』サントラが米レコード協会よりダブル・プラチナ認定


 現地時間2019年6月25日、2018年にリリースされた映画『アリー/スター誕生』サウンドトラックが、米レコード協会(RIAA)によってダブル・プラチナ認定された。現在同作は、2019年に全米で最も売れているアルバムでもある。

 <インタースコープ・レコード>によって発売された今作は、全世界で600万枚を売り上げており、全米では200万イクィヴァレント(相当)・ユニットを獲得している。

 RIAAが決める1ユニットは、従来のアルバム・セールス1枚、1つのアルバムから10曲のセールス(デジタル)、オン・デマンド・オーディオまたはビデオの再生回数1,500回となっている。RIAAによるゴールドおよびプラチナディスク認定は、2016年2月1日にトラックやストリーミングもカウントするようになった。

 アルバムは、米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で初登場1位を記録し、レディー・ガガとブラッドリー・クーパーによる収録曲「シャロウ」も今年3月に米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で1位となった。

 これまでにガガは、『ザ・フェイム』、『ボーン・ディス・ウェイ』がダブル・プラチナ認定されており、今作が3作目となる。


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい