ルイス・キャパルディ、全英で今年最も売れているシングルを収録したデビューALが発売中 Apple UKでは事前予約史上最高数を記録 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ルイス・キャパルディ、全英で今年最も売れているシングルを収録したデビューALが発売中 Apple UKでは事前予約史上最高数を記録

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
ルイス・キャパルディ、全英で今年最も売れているシングルを収録したデビューALが発売中 Apple UKでは事前予約史上最高数を記録

ルイス・キャパルディ、全英で今年最も売れているシングルを収録したデビューALが発売中 Apple UKでは事前予約史上最高数を記録


 5月17日に発売となったスコットランド出身の新人シンガー・ソング・ライター、ルイス・キャパルディのデビュー・アルバム『Divinely Uninspired To A Hellish Extent』が、イギリスで様々な記録をうちたてている。

 アルバムに先行して今年発売されたルイス・キャパルディのシングル『サムワン・ユー・ラヴド』は全英シングル・チャート7週連続1位を記録し、全英で今年最も売れているシングルとなった。同チャート連続1位記録は、アリアナ・グランデ『thank u, next』、ルイス・フォンシ『デスパシート feat. ジャスティン・ビーバー』、エド・シーラン『パーフェクト』を破り、90年代の大ヒット曲であるスパイス・ガールズ『ワナビー』、シェール『ビリーヴ』に並んぶほどの記録になっている。同曲は続くシングル『Hold Me While You Wait』と同時に全英シングルチャートTOP5入りという記録も作っている。

 その『サムワン・ユー・ラヴド』を収録したデビュー・アルバム『Divinely Uninspired To A Hellish Extent』が5月17日にリリースされ、本国イギリスを含む4か国のiTunesで1位を獲得。そして、音楽ストリーミング・サービスAppleのUKでのアルバム事前予約(Pre-add)数が113,300と、史上最高数を記録したこともあり、今週発表される全英アルバム・チャート初登場の順位に注目が集まっている。

 また、アルバムを携えての全英、ヨーロッパ、全米ツアーが発表されているが、アルバム・デビューを前に発表された来年3月の全英アリーナ・ツアーは8公演77,000枚のチケットがほぼ即完したとのこと。この夏はエド・シーランとザ・キラーズの大型野外ライブのサポート・アクトを務めることも決定している。


◎配信情報
アルバム『Divinely Uninspired To A Hellish Extent』
2019/5/17 RELEASE


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい