BOYS AND MEN新シングル5月発売、10-FEETのTAKUMA&向井太一が曲提供 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

BOYS AND MEN新シングル5月発売、10-FEETのTAKUMA&向井太一が曲提供

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
BOYS AND MEN新シングル5月発売、10-FEETのTAKUMA&向井太一が曲提供

BOYS AND MEN新シングル5月発売、10-FEETのTAKUMA&向井太一が曲提供


 BOYS AND MENのニューシングル「頭の中のフィルム」が5月29日にリリースされる。

 2010年に結成され、名古屋を拠点に活動しているBOYS AND MEN。「頭の中のフィルム」はCDのみの通常盤に加え、 DVDが付属する初回限定盤A、ブックレットが同梱する初回限定盤Bの3形態が用意される。CDにはタイトル曲をはじめ、「ONE WAY」「夢Chu☆毒」などを収録。DVDにはタイトル曲のMVやメイキング映像が収められる。

 「頭の中のフィルム」はメンバーの小林豊が主演するドラマ『ミナミの帝王 ZERO』の主題歌で、TAKUMA(10-FEET)が卓真名義で書き下ろした楽曲。BOYS AND MENが「10-FEETのサウンドに自らの思いを乗せたい」という思いから、10-FEETの楽曲の作詞、作曲を手掛けるTAKUMAへ熱いラブコールを送り、楽曲提供が実現したという。またカップリングの「ONE WAY」は向井太一が作詞、作曲を担当した。

 卓真は「ボイメンが歌っているのを頭に思い浮かべて作りました。楽曲のデモ、構成を送って、ボイメンの歌が乗った音源を送って貰った時は、頭の中のイメージが具現化したみたいですごい嬉しかったです」とコメント。メンバーの水野勝は「過去を振り返った時に決して楽しい思い出ばかりではないけれどそんな思い出さえも今なら良かったって思える。そんな強さと成長を歌っています」と語っている。
 
◎卓真 コメント
“ボイメンのライブはすごく元気になれる”と、いろんな人が言ってるのを聞いていて、ずっと気になっていました。
そんな中まさかの楽曲書き下ろしのオファーがあり、ボイメンが歌っているのを頭に思い浮かべて作りました。
楽曲のデモ、構成を送って、ボイメンの歌が乗った音源を送って貰った時は、頭の中のイメージが具現化したみたいですごい嬉しかったです。
早くライブで観て聴いてみたいです。


◎水野勝(BOYS AND MEN) コメント
今回は、今まで歌ってきた楽曲とはまた違う仕上がりになっています。
過去を振り返った時に決して楽しい思い出ばかりではないけれどそんな思い出さえも今なら良かったって思える。
そんな強さと成長を歌っています。
楽曲提供してくださった10-FEETの卓真さんやMV撮影にも沢山の方が携わってくださいました。
心から感謝しています。

◎リリース情報
シングル「頭の中のフィルム」
2019/5/29 RELEASE

<初回限定盤A>CD+DVD
UICV-9307 1,800円(tax in)
<CD収録曲>
01.頭の中のフィルム
02.ONE WAY
03.夢Chu☆毒
<DVD収録内容>
・「頭の中のフィルム」MV
・「頭の中のフィルム」メイキングMV
・「頭の中のフィルム」メイキングジャケットフォト

<初回限定盤B>CD
UICV-9308 1,800円(tax in)
※32P付属
<CD収録曲>
01.頭の中のフィルム
02.ONE WAY
03.夢Chu☆毒
04.頭の中のフィルム –カラオケver.-

<通常盤>CD
UICV-5080 1,300円(tax in)
<CD収録曲>
01.頭の中のフィルム
02.ONE WAY
03.夢Chu☆毒
04.頭の中のフィルム –Instrumental-
05.ONE WAY –Instrumental-
06.夢Chu☆毒 –Instrumental-


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい