宮本浩次、車を運転しながら感情をむき出しに「冬の花」歌い上げる

Billboard JAPAN

 宮本浩次が、2019年2月12日にデジタル・リリースするソロデビュー曲「冬の花」のMVを公開した。

 カンテレ・フジテレビ系ドラマ『後妻業』の主題歌としてオンエアスタートし、話題となっている「冬の花」。プロデューサーに迎えたのは、2002年、エレファントカシマシのアルバム『ライフ』以来のタッグとなる小林武史で、作詞・作曲は宮本浩次が“最後の最後に、晩節において、大きな美しい大輪の花を咲かせるイメージ”で担当した。

 MVは、椎名林檎×宮本浩次「獣ゆく細道」を手がけた児玉裕一による作品。女性目線で歌われる切ない歌詞世界とは対照的に、感情をむき出しに歌いながら車を運転する宮本。楽曲の盛り上がりと比例するように、車のスピードが上がり、その感情の昂りをそのままに歌い上げる。



◎リリース情報
デジタル・シングル「冬の花」
2019/02/12 RELEASE

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック