田村芽実(元アンジュルム)、初のワンマンライブで新曲を披露&1stミニアルバムのリリースを発表 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

田村芽実(元アンジュルム)、初のワンマンライブで新曲を披露&1stミニアルバムのリリースを発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
田村芽実(元アンジュルム)、初のワンマンライブで新曲を披露&1stミニアルバムのリリースを発表

田村芽実(元アンジュルム)、初のワンマンライブで新曲を披露&1stミニアルバムのリリースを発表


 ハロー!プロジェクトのアイドルグループ、アンジュルム(旧スマイレージ)の元メンバーで、現在はミュージカル界の新星として活躍する田村芽実(たむらめいみ)のソロデビュー後、初めてのワンマンライブが、1月19日に白金高輪SELENE b2にて、開催された。
田村芽実 その他ライブ画像

 幼少時からの目標、ミュージカル女優になるため、2016年5月の日本武道館公演にて、「必ず大きく深みのある人間になってステージに戻ってくる」と宣言し、アンジュルムを卒業してから2年8か月。昨年5月、ソロデビューのサプライズ発表が行われたduo MUSIC EXCHANGEでの初ワンマンで、「今日はカバーライブですけど、これから自分の曲を歌えることが本当に楽しみ」と語っていた田村だが、自身が名付けた本公演のタイトルは、アイドル時代からの愛称を冠した【めいめい白書】。昨年10月30日に20歳となり、成人式を迎えたタイミングで、田村芽実のこれまでの歩みを振りかえりつつ、これからの姿を届けるスペシャルなライブとなった。

 昨年9月にファーストシングル『輝いて ~My dream goes on~』、12月にセカンドシングル『魔法をあげるよ ~Magic In The Air~』を発表。それぞれリリースイベントでのミニライブは開催してきたが、ソロデビュー後、初めてのワンマンライブとなる。しかも、一夜限りとあって、チケットはソールドアウトとなる超満員の盛況(会場定員700名)、全国から多くのファンがつめかけた。

 この日のセットリストは、【めいめい白書】というタイトル通り、歌唱したすべての曲が田村自身の人生と深く関わりのある曲ばかりという、特別なものになった。

 深いピンク色のひざ上ワンピースで“めいめい”が登場すると、幕開けはアカペラ。ミュージカル『アニー』の名曲「トゥモロー」を静かに歌い始める。途中から、この日のスペシャルバンドが入って演奏を盛り上げると、続けて『サウンド・オブ・ミュージック』から「私のお気に入り」を、子役として初めて大舞台で歌った思い出の日本語詞で歌唱。ミュージカル女優への憧れが芽生えた幼少時の思い出のナンバーからスタートした。

 続いて、スマイレージ「シューティングスター」のイントロに乗って、「イエーイ!」と田村が叫ぶと、開始早々からアイドル時代の曲を歌うとは思ってもいなかった観客の度肝を抜き、圧巻のパフォーマンスで会場のボルテージを一気に上げた。舞台での共演がきっかけとなって憧れたスマイレージには、オーディションに合格して2期メンバーとして加入したが、「シューティングスター」は中学1年生のときに初めてツアーで歌った曲。続けて歌唱した「自転車チリリン」は、自身の卒業公演でソロ歌唱したファンにとっても思い出の詰まった名曲。現在の田村の歌声で聴くことで、この2年半での確かな成長ぶりも感じさせてくれた。

 アンジュルムを卒業後、最初の表舞台となったのが『minako -太陽になった歌姫-』。ミュージカル女優としても憧れ尊敬していた本田美奈子役(主演)に抜擢され、女優としてのスタートを切った。この日のライブでは、本田のレパートリーの中からソリッドな名曲「孤独なハリケーン」をダイナミックなアクションで初めて歌唱。田村は「美奈子さんの役を演じるというプレッシャーや葛藤、苦しさから私を励ましてくれた曲」と語った。

 続く「ロマンス」は、一昨年11月の『地球の男にあきたところよ ~阿久悠リスペクト・アルバム』でカバーし、ソロでのメジャーデビューのきっかけとなった1曲。田村芽実のカバー版でなく、オリジナルの岩崎宏美版のアレンジで、バンドと一体となった勢いのある歌を披露した。

 女優・田村芽実を説明するのに欠かすことができないのが、末満健一が脚本・演出を手がける『TRUMP』シリーズ。ハロー!プロジェクト在籍時代から関連作品に出演し、昨夏には、田村が主要キャストを務める最新作、ミュージカル『マリーゴールド』が上演、その演技が高く評価された。その舞台の中から、「繭期の子守唄」(『グランギニョル』より)、「窓際の化け物」(『マリーゴールド』より)という近年の2曲を披露。舞台をきっかけに新しく田村を知ったファンの心もつかんだ。

 そして、この日、最初のサプライズ演出がこの後に行われた。『TRUMP』シリーズの音楽を手がける末満健一(作詞)と和田俊輔(作曲)が、田村のために書き下ろした新曲「無形有形」を歌唱。3月20日にリリースされる初のミニアルバムに収録されることが発表された。これまでの2枚のシングルは、リスナーにエールを送る力強さが魅力だったが、ミニアルバムは20歳の田村芽実の等身大を描いた作品集。“なにものでもあるし、なにものでもない”という女優・田村芽実の“カタチ”を、言葉遊びにあふれた歌詞で表現し、彼女の新たな魅力を引き出している。

 後半は、ソロデビュー後に発表した2枚のシングルに収録した6曲を、カップリングも含めて順に披露。ミュージカル女優としても、シンガーとしても、いずれも超一流を目指すという“二刀流宣言”通り、<ミュージカルとポップスの融合>を推し進めた快心の楽曲を、初めて生のバンド演奏で歌唱した。

 ソロデビュー曲「輝いて ~My dream goes on~」は10月30日にお台場ヴィーナスフォートで行われたバースデイイベント以来の歌唱。静謐な歌い始めから力強いサビへと一気に駆け上がる独特な曲想は、ライブでこそ本領を発揮し、圧倒的な歌唱力と表現力に場内は魅了された。自ら作詞を手がけたカップリング曲「Summertime」の陽気な楽しさ、カバー曲「Lovin’ you」(ミニー・リパートン)での柔らかいハイトーン・ボイスと、ファーストシングルの魅力を再確認。

 日本テレビ系『バズリズム02』POWER PLAYに選ばれ、高橋メアリージュンが“あの人ランキング”1位に選んだことも話題となったセカンドシングル「魔法をあげるよ ~Magic In The Air~」は、ファーストの路線を継承しつつ、スケールの大きさと可愛らしさが同居する幻想的なナンバー。東名阪リリースイベントで歌い上げてきた直後だけに、その完成形とも言える圧巻のパフォーマンス。カップリングの切ないバラード「優しい夢だけをみて」でも、歌い込まれた魅力を発揮し、細やかな情感を伝えた。

 本編の最後は、セカンドシングルに収録した斉藤由貴の名曲「MAY」。田村は「最近もう“めいめい”と呼べないっていう声も聞くんですが、皆さんにいつまでも“めいめい”って呼んで頂きたいという思いで、心を込めて歌います」と語り、自身の愛称(めい)と同じタイトルということでお気に入りの1曲を歌い、【めいめい白書】の本編は終了した。

 満場のファンからの“めいめい”コールに応えて登場した田村芽実は、ここでまたさらなるサプライズとして、新曲「歌が咲く」(作詞:末満健一、作曲:和田俊輔)を歌い始めた。舞台を通じて、田村の成長を見続けてきた末満と和田のコンビだからこそ描けた彼女の人生のストーリー。「歌を歌を歌を歌いたいんだ それしかさ方法が見つからなくて」という詞(ことば)を感動的に歌い上げ、この日のクライマックスとなった。

 「今回のライブでは、オリジナル曲がまだ少ないので、残りの曲をどうするか悩みました。前回のように半分はカバー曲にするという考えもあったのですが、せっかく自分の曲が少ない今だからこそ、田村芽実ヒストリーにしたいと思いました。最近私のことを知ってくださった方には、より深く知って頂きたいと思いましたし、ずっと応援して頂いている方には、より絆を深められるライブにできたらと考えました。正直、今日を迎えるのが怖かったのですが、皆さんの笑顔を見てホッとしました! 最後は、大好きな皆さんの心の中に、今日がずっとあって欲しいなという思いを込めて歌います!」

 田村芽実の新しいテーマ曲ともなる新曲の後は、“めいめい”を代表するレパートリーの「オシャレ!」(松浦亜弥)。デビュー後、初のワンマンライブを、最後は明るく締め括った。

 笑ったり、泣いたり、感動して幸せを届けた【めいめい白書】。その素晴らしい人柄とパフォーマンスに魅せられ、次の公演が待ち遠しいというファンのために、次回ライブの詳細も発表された。【田村芽実ワンマンライブ2019 vol.2】は、6月30日に渋谷WWW Xにて開催される。

 そして、3月20日には、1stミニアルバム『Sprout』がリリースされることも決定。スプラウトとは“新芽”のことで、田村芽実の名前の1文字に由来する、とても印象的なタイトルになっている。今回歌った2曲以外の詳細は後日発表されるとのこと。なお、初回限定盤には、本公演【めいめい白書】のライブ映像を収録したDVDが付属するので、今回の公演が観られなかった方にも朗報だ。


◎セットリスト
【田村芽実ワンマンライブ2019“めいめい白書”】
2019年1月19日(土)白金高輪 SELENE b2
OPEN 18:15 START 19:00

01. トゥモロー(ミュージカル『アニー』より)
02. 私のお気に入り(ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』より)
03. シューティング スター(スマイレージ)
04. 自転車チリリン(スマイレージ)
05. 孤独なハリケーン(本田美奈子)
06. ロマンス(岩崎宏美)
07. 繭期の子守唄(舞台『グランギニョル』より)
08. 窓際の化け物(ミュージカル『マリーゴールド』より)
09. 無形有形(*新曲/作詞:末満健一、作曲:和田俊輔)
10. 輝いて ~My dream goes on~
11. Summertime
12. Lovin’ you(ミニー・リパートン)
13. 魔法をあげるよ ~Magic In The Air~
14. 優しい夢だけをみて
15. MAY(斉藤由貴)

16. 歌が咲く(*新曲/作詞:末満健一、作曲:和田俊輔)
17. オシャレ!(松浦亜弥)
*カッコ内はオリジナルアーティストなど
バンドメンバー:Key西村奈央 / Gt長谷龍之介 / Ba加納誠人 / Dr内海絵里 / Vn銘苅麻野

◎リリース情報
ミニアルバム『Sprout(スプラウト)』
2019/3/20 RELEASE
<生産限定盤(CD+DVD)>
VIZL-1565 4,50円(tax out)
<通常盤(CD)>
VICL-65167 2,000円(tax out)

◎ライブ情報
【田村芽実 ワンマンライブ 2019 Vol.2】
2019年6月30日(日) 渋谷 WWW X
OPEN 17:00 START 18:00
チケット:前売 3,500円、当日 4,000円(スタンディング)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい