安室奈美恵ロスはしばらく続く?!  シングル、アルバムともに続々チャートイン【Chart insight of insight】 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

安室奈美恵ロスはしばらく続く?!  シングル、アルバムともに続々チャートイン【Chart insight of insight】

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
安室奈美恵ロスはしばらく続く?!  シングル、アルバムともに続々チャートイン【Chart insight of insight】

安室奈美恵ロスはしばらく続く?!  シングル、アルバムともに続々チャートイン【Chart insight of insight】


 去る9月16日をもって、安室奈美恵が引退した。それに伴い、彼女の作品をめぐるチャートアクションも活性化している。

 驚いたことにHot100では、なんと9曲が100位以内にチャートインした。なかでも、彼女の引退までのテーマソングのようなイメージのある「Hero」は、先週の34位から一気に11位にまで上昇した(【表1】)。他にも「Baby Don't Cry」(24位)、「CAN YOU CELEBRATE?」(40位)、「Just You and I」(42位)といった代表曲が軒並みアップするという状況だ。いずれも、ダウンロードの割合が多く、ラジオのオンエアなどメディアの後押しもあり、ツイッターで盛り上げながら上昇したということがわかる。

 一方、Hot Albumsでも、ベスト・アルバム『Finally』が3位にまで再浮上している(【表2】)。昨年11月にリリースされて以来、常に上位にいる定番アイテムだ。とはいえ、さすがに今年の3月くらいからは、上昇と下降を繰り返しながらセールス数は10位台、20位台へと少しずつ推移してきた。ただし、ルックアップ(PCによるCD読み取り数)は常にベスト10内をキープしている。本作は配信を行っていないため、レンタルではまだまだ需要があることが裏付けられる。

 シングルに関しては、手軽にダウンロードし、ベスト・アルバムはレンタルを利用する。こういったグレーユーザーはまだまだ潜在的にいるはず。安室奈美恵の話題が上るたびに、今後もこのようなチャートアクションは継続することになるだろう。Text:風奏陽


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい