Hey! Say! JUMP新AL総合首位、星野源「アイデア」ピコ太郎以来の快挙、【a-nation】18万人超を動員:今週の邦楽まとめニュース 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Hey! Say! JUMP新AL総合首位、星野源「アイデア」ピコ太郎以来の快挙、【a-nation】18万人超を動員:今週の邦楽まとめニュース

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
Hey! Say! JUMP新AL総合首位、星野源「アイデア」ピコ太郎以来の快挙、【a-nation】18万人超を動員:今週の邦楽まとめニュース

Hey! Say! JUMP新AL総合首位、星野源「アイデア」ピコ太郎以来の快挙、【a-nation】18万人超を動員:今週の邦楽まとめニュース


 2018年9月3日付の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”で、Hey! Say! JUMPのニュー・アルバム『SENSE or LOVE』が総合首位を獲得した。前作『DEAR.』から約2年ぶり、自身通算6枚目のオリジナル・アルバムとなる本作は、初週累計219,234枚を売り上げてセールス1位、ルックアップは1位のサザンオールスターズ『海のOh, Yeah!!』と肉薄する形で2位をマークした。4週目のチャートインとなる『海のOh, Yeah!!』は、30,555枚を売り上げてセールス2位、ダウンロード3位、ルックアップ1位と満遍なく上位を堅持しており、前週と同じく総合2位。セールスの実績こそ下降気味ではあるものの、ルックアップのポイントは前々週から右肩上がりで、チャート上位を維持する可能性は高そうだ。

【ビルボード】Hey! Say! JUMP『SENSE or LOVE』が219,234枚で週間アルバム・セールス首位
【ビルボード】Hey! Say! JUMP『SENSE or LOVE』が総合アルバム首位 BTS (防弾少年団)の最新作はダウンロード1位/総合3位に

 総合シングル・チャート“JAPAN HOT100”では、NHK連続テレビ小説『半分、青い。』の主題歌である星野源の「アイデア」が、初登場1位。ダウンロード配信とミュージック・ビデオ解禁と同日に、NHK総合にて『おげんさんといっしょ』が放映され、メディア露出が大きく後押しして、ダウンロード1位、ラジオ1位、Twitter1位、動画再生2位、ストリーミング7位と、軒並み高ポイントを獲得。シングルCDの発売ナシで総合首位を獲得したのは、2016年11月14日付の同チャートで首位になったピコ太郎「PPAP」に続く快挙だ。。映画『銀魂2 掟は破るためにこそある』の主題歌、back number「大不正解」がセールス4位、ダウンロード2位、ルックアップ1位、ラジオ3位、Twitter35位、動画23位で総合2位にチャートイン。セールスで1位だったのは、dTVオリジナルドラマ『銀魂2 -世にも奇妙な銀魂ちゃん-』の主題歌でENDRECHERIが歌う『one more purple funk... -硬命 katana-』だ。

【ビルボード】ENDRECHERI『one more purple funk... -硬命 katana-』が73,397枚を売り上げ週間シングル・セールス首位
【ビルボード】約20万ダウンロードを記録した星野源「アイデア」が、ピコ太郎「PPAP」に続きデジタルのみで総合首位獲得

 ビルボードジャパンが発表するチャートを、データごとに分析することができる<Chart insight>が、8月30日よりリニューアルした。今回、リニューアルされたのは、CD売上、ダウンロード、ストリーミングそれぞれの順位が表示されるようになった点だ。今までは、それら3つのデータを合算して表示していたが、より詳細に楽曲の浸透度を分析することが可能となった。

ビルボードジャパンのチャート分析ツール<Chart insight>がリニューアル

 今年で17回目を迎えた音楽フェス【a-nation】が、8月25日、26日に味の素スタジアムで開幕した。25日はヘッドライナーの東方神起をはじめ、NCT 127、m-flo、CHEMISTRY、C&K、Da-iCE、超特急、BiSH、BoAなど17組が出演し、5万人を動員。オープニングアクトには、ディズニー映画『リメンバー・ミー』で主演を務めた石橋陽彩やTHE BEAT GARDEN、さらにシューティングアクトとしてSOLIDEMO、EMPiRE、Beverlyという注目の若手アーティストも名を連ねたほか、リバイバル企画など、8時間にわたってバラエティ豊かなアーティストを堪能できる濃密な1日になった。26日は、ヘッドライナーの浜崎あゆみをはじめ、EXO、倖田來未、Da-iCE、TRF、Dream Ami、三浦大知、Red Velvetら18組が登場。今年は残念ながら三重は台風の影響により中止となったが、長崎、大阪、東京の3都市5公演で18万8000人を動員。各地で熱狂を呼んだ今年の【a-nation】のフィナーレも、高い音楽性と華やかなエンターテインメント性を備えたアーティストたちが素晴らしいステージを見せた。

東方神起が4年ぶりにヘッドライナーに、Da-iCE / 超特急/ NCT 127 / BoA / m-floら【a-nation】レポート到着
【a-nation】東京公演レポート、浜崎あゆみ/倖田來未/TRF/Dream Ami/三浦大知らが登場

 同じ8月25日、26日に埼玉・メットライフドームでは、WANIMAの【Everybody!! Tour Final】が開催。“WANIMA×7万人”と銘打たれた本公演はバンド史上初のドーム公演かつ最大規模のワンマンショーだ。「夏の面影」で始まった初日は、「CHEEKY」、「Drive」、「Everybody!!」などが披露。最終日は、「OLE!!」や代表曲「ともに」、そしてこの日のハイライトとなった「シグナル」に加え、特大水鉄砲が発射されるサプライズなど、初日に劣らない熱狂で観客を盛り上げた。本公演の模様は11月28日にライブDVD『Everybody!! TOUR FINAL』としてリリースされる。そんな彼らが、NHK総合『WANIMA 18 祭-1000 人のシグナル-』で披露した「シグナル」のパフォーマンス映像が公開された。1,000人の18歳世代とステージを創り上げるという企画のもと、番組のために書き下ろした楽曲「シグナル」をブラス隊とコーラス隊とともにアレンジ。放送当時は様々な思いを胸に集まった1,000人の姿が多くの人々の胸を打ち、SNS上で大きな話題になった。

WANIMA 2日間で7万人を動員した初のドーム公演のレポート到着
WANIMA、人々の胸を打ち話題となった18歳世代1,000人との「シグナル」パフォーマンス映像が公開

 9月16日に引退を控える安室奈美恵に「これからもあなたの音楽を愛し続けます」というメッセージと、ファン3,000名以上の名前やニックネームが記載された広告が8月29日の朝日新聞朝刊(全国版)に掲載された。安室のラストドームツアー『namie amuro Final Tour 2018 ~Finally~』のDVD&Blu-ray発売日に合わせ、アーティストとファンをつなぐ共創・体験型プラットフォーム<WIZY>が呼びかけ、実現。同新聞広告はカラーでB2サイズポスターとして予約者へ商品と一緒に届けられる。また、展覧会【namie amuro Final Space】に本人がお忍び訪問した密着映像が、8月31日からHuluで独占配信スタート。「私、口元に途中からホクロが出来たんです」と歴代の雑誌の写真を見ながら、ホクロがいつ誕生したのかを探すなど、楽しそうに展示会場を回る様子が収録されている。

安室奈美恵にファン3,000名以上が感謝の気持ちを伝える新聞広告掲載
安室奈美恵、自身の展覧会お忍び訪問映像をHuluで独占配信決定

その他今週の注目ニュース
DAOKO、ニュー・アルバム発売決定&新アー写を公開
Perfume、ダンス・コンテストのグランプリ受賞者とコラボダンス披露
安室奈美恵/小沢健二/trf/久保田利伸ら、90年代J-POPを散りばめた映画『SUNNY』のPV公開
大橋トリオ、Def Tech、MONKEY MAJIKら出演【Local Green Festival】今週末開催、海外からATCQメンバーも
野宮真貴×アンナ・カリーナ×クレモンティーヌ、日仏の文化交流コンサートで共演へ


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい