BUMP OF CHICKEN、新曲「話がしたいよ」が映画『億男』主題歌に決定 本楽曲を使用した予告映像が公開 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

BUMP OF CHICKEN、新曲「話がしたいよ」が映画『億男』主題歌に決定 本楽曲を使用した予告映像が公開

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
BUMP OF CHICKEN、新曲「話がしたいよ」が映画『億男』主題歌に決定 本楽曲を使用した予告映像が公開

BUMP OF CHICKEN、新曲「話がしたいよ」が映画『億男』主題歌に決定 本楽曲を使用した予告映像が公開


 BUMP OF CHICKENが、映画『億男』の主題歌を担当することを発表した(https://youtu.be/gw_G8IKw6dA)。

 主題歌は映画のために藤原基央(Vo,G)が書き下ろした新曲「話がしたいよ」。ピアノに重ねた、柔らかさと凛々しさを同時に感じさせる独唱から始まり、アコースティックギターやエレキギター、コーラスが積まれていく、広がりのある展開。そして壮大なアレンジのバンドサウンドを経て、最後にはまた音数の少ない弾き語りのようなアレンジとなっている。

 映画『億男』の原作は、2015年に「本屋大賞」にノミネートされ、累計発行部数66万部を突破している話題作「億男」(川村元気著)。お金とは?幸せとは?お金を巡って、幸せのあり方、家族のあり方、友情のあり方などを問う普遍的なテーマながら、まるで“地獄めぐり”のように個性的な億万長者たちと主人公が向き合い、その答えを探しだす姿を描くという、まったく新しいお金のエンターテインメント作に仕上がった。

 主人公の一男とその親友・九十九、そして観客が自分なりの「お金」と「幸せ」の答えを探し求めた後、エンディングで流れるこの主題歌は、2人の道程を讃美し物語を締めくくる歌でありつつ、観客が未来に踏み出す力を与える曲になっている。


◎BUMP OF CHICKENコメント
このたび映画『億男』の主題歌のお話を頂きまして、とても光栄に思いました。
原作もとても面白く読ませて頂きましたが、佐藤健さん・高橋一生さんをはじめとした豪華出演者の皆様の快演により、よりリアリティを持って楽しめました。
改めて劇場で観ることが待ち遠しいです。

◎一男役・佐藤健コメント
まず初心に返りまして、相変わらず良い声だなと思いました(笑)
ノスタルジックな空気感が、映画『億男』の世界観にとてもマッチしていて、何年も前の友達とのことを思い出すような感覚になれる曲だと思います。エンドロールまで含めて1本の映画になっているので、ぜひ最後まで楽しんでもらいたいです。

◎九十九役・高橋一生コメント
ずっとBUMP OF CHICKENさんの歌を聴いてきたので、今回の主題歌を聴いたとき、今までのBUMP OF CHICKENの定義がいい意味で解け始め、彼らの新しい側面をみたような気がしました。エンドロールでかかった時、一男(佐藤)と九十九(高橋)という2人の歌だと思える、そしてこの曲をもって映画が完結する、そんな曲に感じました。

◎佐藤善宏プロデューサーコメント
悩みました。
お金にまつわる人間の業の深さや煩悩を扱いつつ、新しいお金の価値を探し、本当は身近にある気づきにくい小さな幸せを見つける旅である本作品を、
その全ての要素を包み込んで映画を終着させてくれる歌はあるのだろうかと考え抜きました。
正直に、バンプ藤原さんに悩みを共有しました。
歌をあげて頂いた時に監督と顔を見合わせました。あったね、これだね、と頷き合いました。


◎公開情報
『億男』
2018年10月19日(金)より全国ロードショー
(C)2018映画「億男」製作委員会


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい