リル・ウェイン/DJキャレド/ミーク・ミル他、総勢140組以上出演【Rolling Loud 2018】レポート到着 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

リル・ウェイン/DJキャレド/ミーク・ミル他、総勢140組以上出演【Rolling Loud 2018】レポート到着

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN

リル・ウェイン/DJキャレド/ミーク・ミル他、総勢140組以上出演【Rolling Loud 2018】レポート到着

リル・ウェイン/DJキャレド/ミーク・ミル他、総勢140組以上出演【Rolling Loud 2018】レポート到着


 ヒップホップフェス【Rolling Loud 2018】が、今年も2018年5月11日~13日に米国・マイアミで開催され3日間でのべ18万人を動員、リル・ウェインや、DJキャレドをはじめとした、ヒップホップカルチャーを牽引する総勢140組以上の豪華アーティストが集結した。

 2015年からスタートし今年で4回目の開催を迎えたヒップホップフェス【Rolling Loud 2018】。リル・ウェインや、DJキャレド、ジュヴィナイル、N.E.R.Dなど重鎮アーティストが安定的なパフォーマンスを見せる中、ジェイデン・スミスやミーゴス、J・コール、アクション・ブロンソン、ポスト・マローン、ウィズ・カリファなど今を時めくアーティストも圧倒的な人気を見せた。

 初日のプレイボーイ・カルティのステージにはサプライズゲストでエイサップ・ロッキーが登場。また、シークレットゲストとして出演したミーク・ミルは、釈放後初のライブということもあり会場のボルテージもヒートアップ。2日目のトリを飾ったトラヴィス・スコットは、新曲「Stargazing」を披露。最終日の大トリを飾ったフューチャーのステージにはニッキー・ミナージュやクリス・ブラウンも登場し、花火と共に最高潮の盛り上がりで幕を閉じた。

 来場者のファッションはイエローやオレンジ、レッド、パープルなど派手なカラーをポイントにしたストリートスタイルが目立った【Rolling Loud 2018】。 特に目立ったのがカモフラージュ柄のカラフルなパンツやトップス。チェッカーフラッグ柄のアイテムを身に付けている人も多かった。カラーサングラスや80年代風のキャットアイサングラスをプラスしたインパクトのあるフェススタイルが人気となった。


◎イベント情報
【Rolling Loud 2018】
2018年5月11日、12日(土)、13日(日)
Hard Rock Stadium (Miami Gardens, Florida)


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


関連記事関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい