【深ヨミ】欅坂46『ガラスを割れ!』は過去最高の初週売上! 1stシングルから6作連続右肩上がり

2018/03/19 12:15

【深ヨミ】欅坂46『ガラスを割れ!』は過去最高の初週売上! 1stシングルから6作連続右肩上がり
【深ヨミ】欅坂46『ガラスを割れ!』は過去最高の初週売上! 1stシングルから6作連続右肩上がり


 3月19日付Billboard JAPAN週間セールス・シングル・チャート“Top Singles Sales”では、欅坂46『ガラスを割れ!』がリリース初週に893,632枚を売り上げて、デビュー作品から6作連続となる同チャート1位を獲得した。
 『ガラスを割れ!』は、欅坂46にとって6枚目となるシングル。3月19日付の総合ソングチャート“JAPAN HOT100”で首位を獲得した表題曲は、CDセールスに加えTwitterとルックアップ(PCでの読み取り回数)で1位、ダウンロードで2位、ストリーミングと動画再生回数で3位、ラジオで17位となっている。パッケージのセールス力はもちろん、ダウンロードやストリーミング、動画再生回数でも高順位をマークしていることから、楽曲単位でも高い注目を集めていることがわかる。
 2016年4月に1stシングル『サイレントマジョリティー』でデビューした欅坂46は、リリースごとにシングルの初週売上枚数の最高記録を更新し続けている。6thシングルである今作は、前作『風に吹かれても』の初週売上722,954枚を初動3日間の時点で上回り、初週売上では前作に約17万枚の差をつけている。1stシングル~6thシングルまでの初週売上枚数は以下の通り。
2016/04/06 リリース
1stシングル『サイレントマジョリティー』28.4万枚
2016/08/10 リリース
2ndシングル『世界には愛しかない』37.5万枚
2016/12/05 リリース
3rdシングル『二人セゾン』50.8万枚
2016/04/07 リリース
4thシングル『不協和音』 65.3万枚
2017/10/25 リリース
5thシングル『風に吹かれても』72.2枚
2018/03/07 リリース
6thシングル『ガラスを割れ!』89.3万枚
 同週の“JAPAN HOT100”で3位の米津玄師「Lemon」、4位の星野源「ドラえもん」、5位の菅田将暉「さよならエレジー」などと同じように、ダウンロードやストリーミング、動画再生回数といったデジタル領域の指標でも高順位をマークすることができるのが、他のアイドルグループにはない欅坂46の特徴でもある。
 かといって、フィジカルとデジタルのセールスが相克することはなく、前述の通り、CDの売上枚数はリリースを追うごとに右肩上がりとなっていることから、欅坂46が米津玄師や星野源らと並んで、現代型のヒットを体現しているアーティストだといえるだろう。
 CDの初週売上枚数は、リリースごとに約10万枚ずつ伸ばしており、今作の初週売上枚数は90万枚目前となっていることから、次作の初週売上ミリオン達成に早くも注目が集まる。

あわせて読みたい

  • 【先ヨミ】欅坂46『ガラスを割れ!』が784,386枚を売り上げ、首位独走中 ジャニーズWESTとBiSも前作超え

    【先ヨミ】欅坂46『ガラスを割れ!』が784,386枚を売り上げ、首位独走中 ジャニーズWESTとBiSも前作超え

    Billboard JAPAN

    3/8

    【先ヨミ】祭nine.『HARE晴れカーニバル』が118,883枚を売り上げ現在首位 米津玄師と欅坂46は自己最高売上を更新中

    【先ヨミ】祭nine.『HARE晴れカーニバル』が118,883枚を売り上げ現在首位 米津玄師と欅坂46は自己最高売上を更新中

    Billboard JAPAN

    3/22

  • 【先ヨミ速報】欅坂46『アンビバレント』が621,074枚を売り上げハーフ・ミリオン突破 ジャニーズWESTが続く

    【先ヨミ速報】欅坂46『アンビバレント』が621,074枚を売り上げハーフ・ミリオン突破 ジャニーズWESTが続く

    Billboard JAPAN

    8/15

    欅坂46、6thシングル『ガラスを割れ!』ジャケット&新アーティスト写真を公開

    欅坂46、6thシングル『ガラスを割れ!』ジャケット&新アーティスト写真を公開

    Billboard JAPAN

    2/15

  • 【深ヨミ】欅坂46『不協和音』は過去最高の初週売上げ、今後どこまで伸びるのか?

    【深ヨミ】欅坂46『不協和音』は過去最高の初週売上げ、今後どこまで伸びるのか?

    Billboard JAPAN

    4/17

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す