ドレイク、またシャーデーのタトゥーを入れる 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

ドレイク、またシャーデーのタトゥーを入れる

Billboard JAPAN
ドレイク、またシャーデーのタトゥーを入れる

ドレイク、またシャーデーのタトゥーを入れる

 タトゥー好きのドレイクがまたシャーデーの肖像画を彫ってもらったようだ。


 今年3月にスウェーデンのタトゥー・アーティスト、ニキ・ノルバーグによる黒一色のシャーデーのポートレートを脇腹に入れた彼だが、今度はベルギーのアーティスト、Inal Bersekovがそのデザインを生かしながら上に彼女の横顔を描いた。


 新しいタトゥーの写真をインスタグラムに投稿したBersekovは、「モア・ライフ。モア・タトゥーズ。素晴らしいアーティスト(ノルバーグ)が(ドレイク)に描いた(シャーデー)がモチーフのこの作品を続けられて光栄だった。継続が楽しみだ」とキャプションに綴っている。


 ドレイクは今年の3月、楽屋でシャーデーと自身の母親と撮った写真をインスタグラムに投稿し、“俺にとってとても大切な女性たち”と書くほど敬愛している。


 シャーデーや両親の顔以外にも、叔父と祖母、故アリーヤの肖像画、メンズ・フレグランスのドラッカー・ノワールの瓶(ドレイクの旧ハンドル名にも使われていた)、トロントのCNタワーやOVOフクロウなど、ドレイクは大小20数個のタトゥーを入れている。



◎Inal Bersekovによる投稿
https://www.instagram.com/p/BVQpIL2FUk2/
https://www.instagram.com/p/BVQqDGwlvUO/


◎ドレイクによる投稿
https://www.instagram.com/p/BR4fSnijoR1/


トップにもどる billboard記事一覧


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい